NHK ビジネス英語の放送内容が変わったようです。

10年以上聞き続けているNHKラジオのビジネス英語ですが、

本日から始まる新年度の放送から、その内容が大きく変わったようです。
といっても本の構成自体はほとんど変わりません。
変わったのは、杉田先生の説明の内容です。

これまでは、ネイティブの会話内容を1回流した後、杉田先生がその英文を
読みながら、必要に応じて単語を解説していく、という形でした。

でも、新年度からは、なんと、杉田先生が英文を読むことがなくなってしまい
ました!

ネイティブの会話が放送された後、全体の内容についての日本語での問いに
日本語で回答があった後、本文には入らず、単語やフレーズの解説が始まり
ました。
そして、最後にもう一度ネイティブの会話が放送される、という流れです。

おそらく、聞く側に、より高いヒアリング力を求めているように思われます。
要するに、1回目の会話を聞いて全体を把握し、日本語で最初に問われてい
る要点を答えることを求められています。

単語の解説は、その復習的なものです。

私は、インターネット放送を録音して、後で聞いていますので、これからは、
まず、ネイティブ会話を2-3回繰り返し聞いてから、あるいはそのあと本
文を1度読んでから、単語の解説を聞く、ということになりそうです。

「ながら」では駄目ということでしょうね。



 -寺村総合法務事務所のホームページ-

〇 英文契約のページ  
〇 和文契約のページ  
〇 総合案内のページ  





小学校での英語必修化について


小学生の英語必修化など、政府がまた英語教育について、あれこれ検討を始めたそうです。

小学校5年から、英語を通常の必修教科とし、中学以上では、英語による授業を義務付ける、ということが検討されているようですが、教育現場からは、教師の手があまりに足りないということで、多くのクレームが出ているそうです。

最近、先生に対して新たな課題や役割が押し付けられ、先生の御苦労は大変なものだと思いますが、それは人材と予算の問題としていったん脇へおくとしても、上の教育は、本当に効果的なのでしょうか?

最近、マーク・ピーターセン先生の最近の著書「実践 日本人の英語」を読み直しましたが、あとがきで、ピーターセン先生は、つぎのようにおっしゃられています。

「残念ながら、私が接する大学性の英語力が全体として...少しずつ向上してきているなあ、とはなかなか感じられない。  (中略)
 ひとつだけ最近の日本で、気になっていることに触れたい。
 英語か日本語かにかかわらず、文章の意味をしっかりとつかむ、よく考えて文章をつくる、といった基本的なことがちゃんとできているのかどうか、不安に感じることが増えてきたのである。
 それは学生に限らない。
 このことは単に英語で会話ができるかどうかといった、その場その場のコミュニケーション力の問題というよりもずっと真剣に考えるべき課題だと思う。」

授業を英語で行ったり、小学校5年生という日本語教育の大切な時期に英語教育を開始しようとする現在の議論は、果たして正しいといえるのでしょうか。

私は、英文契約を生業にしていますが、契約である以上、日本語でも英語でも、その内容が明確で自分の意図したことがきちんと反映されていることが契約には大切です。

さらに言えば、契約で実現しようとしているビジネスや業務のやり方が本当に理に適っているのかを判断する目がないと、リスクだらけの契約になってしまいます。

英文契約の交渉業務で重要なのは、華麗な会話力ではなく、地道な論理的作業です。
英語のコミュニケーション力の問題ではありません。
(安易に即決してしまう恐れがあるので、コミュニケーションが中途半端にある方が、契約交渉においては、逆に危険ですらあります)

必要なのは、自国の言葉で、自らのビジネスの内容を具体的に描き、問題点を論理的に追及する力なのだと思います。
そのうえで、その内容を、正しく文章に表現していくことが必要です。

昔から「交渉べた」と日本人は言われてきました。

島国で、生死をかけた他国との折衝を行う必要の少なかったその歴史に原因があるのでしょう。

自分の主張を、感情ではなく、論理的に正しく言うこと。

この訓練が日本人に必要だと叫ばれて、長い時間が経過していますが、それは、決して英会話で達成されるような「コミュニケーション」力ではないと、私は思います。

自国の言葉で論理的に考えられない者が、他国の言語で正しく思考できるとは、誰も思わないでしょう。

ピーターセン先生のおっしゃりたいことと同じかどうかはわかりませんが、先生の最初の言葉は、日本人として胸に刻むべきものだと、私は思います。

ウェブ版英辞郎 ならびに 有料版

前回、紙版の研究社英和活用大辞典などのことを書きました。

今日は、その補足として、研究社のウェブ版「英辞郎」について、コメントしたいと思います。

研究社のウェブ版「英辞郎」は、その語数、例文数から考えて大変貴重であり、また頻繁にアップデートされているので、膨大な情報量となっています。(私もこれまでかなり多用させていただいています。)

ただ、「英辞郎」には、日本語の法令の直訳という違和感のある例文(日本法令外国語訳データベースからの引用文)が多数検索されたり、誤りや不適切な例文が含まれている場合があり、鵜呑みにすることは危険です。
いったん和英や英和で検索した後に、英和/和英での確認検索、コロケーションの再検索、グーグル等でのインターネットでの当該コロケーションの利用頻度数の検索などが必須となります。

(グーグルやヤフーなどで、ある熟語を" "で括って検索した際のヒット数で、用例として正しいかどうかがわかる場合があります。
 これはあくまで教室事例ですが、「pursuant」の次に「to」が来るのか「with」が来るのかの判断に迷った場合、"pursuant to" "pursuant with"の双方で検索してみます。後者のヒット数は、たったの28,200件ですが、前者のヒット数は95,700,000件で、pursuant withというコロケーションは誤りだろう、と推測がつきます)

このような確認検索をする前提でウェブ版「英辞郎」を使用するのであれば、非常に優れた武器になってくれます。

ただ、ウェブ版「英辞郎」の無料版で、最近、頓に広告の量が多くなり、検索スピードが非常に遅くなってしまったのがとても残念です。

有料版との差異を強調したいため、わざと広告を増やしたのではないかと勘ぐりたくなります。
実際、有料版のうたい文句は「広告がないから速い!」というものですので、あながち誤りでもないと思います。

ただ、有料版は、上記の確認検索の労を省くため、検索語の前後の単語として何が使われているかが頻度順で表示されるようになっており、また値段も1か月315円ですから、よく使う人は有料版にして損はないように思います。

 http://eowp.alc.co.jp/info2/ に有料版の案内があります。

(なお、弊所は「研究社」や「英辞郎」とは一切関係がありません)

紙版 英和活用大辞典

最近は、電子辞書に大変多くのコンテンツがインストールされ、英語の辞書もたくさん入っています。

たとえば、次のカシオの電子辞書には、180コンテンツが入っていて、英語の辞書も、ジーニアス英和大辞典、小学館ランダムハウス英和大辞典、英和活用大辞典、研究社英和大辞典、同和英大辞典、オックスフォード新英英辞典、オックスフォード現代英英辞典8版、リーダーズ英和辞典(但し第2版)、リーダーズプラス、200万語専門用語英和・和英大辞典その他多数が収録されています。




確かに、英文中の単語やコロケーションの意味を調べるために辞書を引くのであれば、電子辞書は極めて便利です。
でも、英語を書く場合には、やはり「紙」の辞書、特に、研究社の和英大辞典と活用大辞典の「紙版」でなければ、と思っています。



電子辞書はあまりに画面が小さすぎ、一覧性に欠けます。
英和として使用する際には、一覧性にそれほど大きな意味はないでしょう。
しかし、英語を書く場合、用例をすばやくざっと一覧できることは、非常に大きな威力を持ちます。
活用大辞典の紙版には用例が数ページにわたって記載されている単語も数多くあり、その中から自分の求める日本語の意味を持つ適切な例文や使用方法を発見することが可能です。

これを電子辞書でやろうとすると、全体像がつかめないため心理的にくじけてしまいます。また、探そうとする日本語には複数の意味がある場合も多く、電子辞書のあの画面ではぴったりの日本語と英語を探すのはかなりきつい場合があると思われます。

紙版はかなり重たいのですが、重たいなりの価値があると思っています。

ビジネス英語今週休み

早いもので、もう、11月です。

昨日は、上原投手の活躍もあり、ボストンレッドソックスがワールドシリーズチャンピオンとなりました。
上原選手の息子さんがインタビューに「Crazy!」と答えていたのが印象に残りました。
親父である上原選手が相変わらず通訳付きなのに比べ、7歳という息子さんは、地元アナウンサーの流ちょうな英語を理解し答えていました。
子供の言語習得能力には全く驚きます。

ところで、日本の英語教育ですが、今週なぜか、NHKの「実践!ビジネス英語」が復習の週となっていて、先週とおなじ内容が放送されています。

ビジネス英語は、その昔、毎週5回(6回かもしれません)放送されていて、今の2週間分を1週間でこなしていたと記憶しています。

それに比べ、今は(関谷英里子先生に文句はありませんが)、関谷先生の入門ビジネス英語が2日間、実践が3日間で、2週間で1単元を終えるという構成になっています。

このように少し「ぬるい」構成になっているにもかかわらず、1週間、実質的にお休みにするというのは、いかがなものでしょう。

もちろん、この1週間の休みによって、これまでの遅れを挽回した方もおられるとは思いますが...。

やはり、英語学習に「量」は必要だと思われますが、いかがでしょうか。