契約英語の勉強方法-9

さて、これまでは、英文契約の「英語」力をどうやって付けるか、という点から、条項集を書きうつしたり、適当な法務辞書を用意したりすることを書いてきました。

今日書こうとしているのは、英文契約に限ったことではなく、日本語の契約も含めて、どうやったら良い契約ができるか、という点についてです。
この点については、是非とも読んでいただきたい本があります。
それは、原秋彦さんの「リスクマネージメントの道具としてのビジネス契約書の起案・検討のしかた」(商事法務)2,310円です。



原秋彦さんは、前に紹介した「ビジネス法務基本用語和英辞典」を書いておられる弁護士さんです。
この本が非常にユニークで他書にない特色を持っているのは、リスクの捉え方にあると思います。

ざっくり言いますと、リスクマネージメントに関する作業は、細かく「リスクのシミュレーション」「リスクのアセスメント」「リスクの狭義のマネジメント」の3段階に分けられるが、第1段階のリスクシミュレーションがしっかり為されていない限り良い契約書にはならない、ということです。
そして、そのリスクの所在を察知しうるのは、「公正さや公平といったバランス感覚に基づく法的センス」なのではなく、「ビジネス・センス」なのだと主張されています(P57、58から要約して抜粋)。

私も契約のセミナーを開かせていただくことがありますが、そこで使うレジメや説明の内容においても、原先生のこの考え方を随所に取り入れております。
契約を作成したり審査する際には、実際の仕事や目的物がどのようなものであって、どのような流れの中で、具体的にどのように処理されているのかを、具体的に細かく想像し、どこかに落とし穴はないかということを追及してみて、初めてリスクがあぶり出されてくるのだと思います。
例えば、「本目的物を発注後30日以内に納入するものとする」というような契約条項がある場合、もちろん、所有権や危険負担の移転時期をどうするかという点も重要ではありますが、それを規定しさえすれば良いのではなく、「もし期限より前に納入してきたらそれを保管する場所はあるのだろうか?」ということを想像し検討することによって初めて、期限前納入がリスクなのかリスクではないのかが分かるのだと思います。
卑近な例ですが、例えば時計のような小型の商品であれば、保管場所に関しては、期限前納入のリスクは少ないでしょうが、押し入れ用の整理引き出しのように場所を取る製品の場合は、期限前納入のリスクは高まると言えるでしょう。

このような観点で契約条項を見ていかなければならないことを、原先生の本は教えてくれます。
網羅性には欠けますが、それは本書の性質上当たり前とも言えます。上記の通りリスクをイメージしていけば、目的物や業務の種類、当事者の置かれた立場その他に応じて、無限のバリエーションがあるでしょうから、網羅することは元々不可能だと思います。
それよりも、契約を作成する際の基礎的な考え方として、本書の考え方は非常に参考になります。
本書は英文契約に特化したものではなく、英文も全く出てきませんが、著者は英文契約に多数関わっておられる方であり、英文契約を作成する際にも全く同様に有益な示唆を与えてくれる本だと思います。


関連記事

契約英語の勉強方法-8

前回は、民事法研究会の「英文ライセンス契約実務マニュアル」(小高壽一著)をご紹介しました。

今回は、英文契約の文例集ではなく、契約を作成する際に手元に置いておきたいものとして、2冊の本を挙げたいと思います。

まずは、長谷川俊明先生の「LAWDAS法律英語辞典 英和・和英・逆引辞典」です。

(なお、私が持っているのは、1991年版ですが、今現在は「ローダス21最新法律英語辞典」として東京堂出版から2007年に発行されているようです。版形も頁数も相当異なるので、私が持っているものに相当な補充・改訂がなされたものと思われます。)



私の持っているものは、現在のものよりも相当小さく、新書サイズをほんの少し大きくした程度です。
頁数は約500頁。
内容はといいますと、特に英和辞典の部分において、単に用語の日本語訳が書かれているのではなく、その用語の英米法に基づく法律的な解説が詳しくなされています。
ある意味で英米法辞典とも言えますが、本当の英米法時点のように学問的過ぎることなく、実務や契約書を念頭においた分かりやすく型にはまらない解説がなされており、読み物としても大変面白いものです。
一度通読されると良いと思います。
(ただ、現在の版は版形が大きくなって790頁になりましたから、通読はちょっと厳しいかもしれません)

次にご紹介するのは、「数の英語表現辞典」(小学館)1575円です。



英文契約を書いてみるとすぐ分かるのではないかと思いますが、意外と数字に関する表現が多いものです。
対価がいくらか、ということよりも、例えば、ライセンス料率とか、支払い期限といった部分で、数的な表現を用いる必要があります。
数字について大体は分かっているつもりでも、実際に書こうとすると、意外と書けないように思います。
簡単な例ですが、「1年間に2回」ライセンス料を支払うということを表現する際、「pay 2 times per year」と書くより「pay biannually」と書く方が簡明で好ましいでしょう。
この本は、そう言った数にまつわる様々な表現を集めてくれていますので、辞書として、また記憶用として、持っていても損はないと思われます。

但し、本書以外にも類書がいくつかあるようですので、そちらでも構わないと思います。
例えば、上記よりも少し値が張りますが、研究社からも「英語の数量表現辞典」が出ています。




-つづく-


関連記事

契約英語の勉強方法-7

前回は、すばる舎の「英文契約書条項文例集」(千代田有子著)をご紹介しました。

今回は、民事法研究会の「英文ライセンス契約実務マニュアル」(小高壽一著)5985円をご紹介したいと思います。



この本は、特許およびノウハウのライセンス契約に特化し、非常に詳しくその条項の解説とチェックポイント、並びに独禁法に関する公取の指針との関係をも記述した、まさに痒いところに手が届く本です。さらに、技術を「供与」する場合と「導入」する場合、つまりライセンサーになる場合とライセンシ―になる場合を分けて、実務の考え方を示している点でも使い勝手が良いものです。

この本を読んでとてもためになる点は、その「厳密さ」です。
特許やノウハウのライセンス契約においては、特に、ライセンスされる技術の範囲、許諾される権利の内容、ロイヤルティの算定方法などにおいて、精緻で漏れのない規定が必要となります。
この「英文ライセンス契約実務マニュアル」では、その部分に関し、非常に細かく具体的な条項例を掲載し、解説を加える形になっており、これを研究することで定義の厳密な書き方などを学ぶことができると思います。
ただ、少し残念なのは、条項例として掲げられたものについて、詳しい解説は為されているのですが、それはあくまで「日本語」で書かれているだけであり、条項例の英文修正例や別例といったものはほとんど記載がありません。

従って、本書は、最初に掲げた「英文ビジネス契約書大辞典」のように、様々な例文から適切なものを選択して使う、という使用方法ではなく、本書をじっくり読むことによって一つの契約書に対する深い理解を得て、それを自ら応用していくことに繋げる、という使用方法になるのではないかと思います。

なお、同書の中で、私が気に入っている一文があります。それは、一口コメントの中の記述で、
「良い契約書はだれが読んでも同じ解釈になる。」
という一文です。
契約書を作る仕事に携わる者は、いつも心に留めておくべき言葉ですね。

なお、同書は、現在第2版になっています。
私が読んで保有しているのは初版で、第2版になって100ページほど増えているようですので、少し内容に違いがあるかもしれません。その点は、何卒ご容赦ください。


-つづく-

関連記事

契約英語の勉強方法-6

前回は、中央経済社の「英文ビジネス契約書の読み方・書き方・結び方」(野副靖人著)をご紹介しました。

今回は、すばる舎の「英文契約書条項文例集」(千代田有子著)2,940円をご紹介したいと思います。



本書は、以前ご紹介した「英文ビジネス契約書大辞典」や「英文ビジネス契約書の読み方・書き方・結び方」のように条項別の解説と当該条項に関する文例の掲載を中心としたものではなく、どちらかというと、「語彙」や「書き方」という点に焦点を当てた本のように思います。

目次を見てみると、
序章「英文契約について学ぼう」(15頁)
第1章「英文契約書の形式と構成」(26頁)
第2章「項目・条項別表現集」(27頁)
第3章「主要条文対応キーワード集」(142頁)
第4章「契約書サンプル」(販売代理店契約およびゲームソフトライセンス契約の2本)(20頁)
となっています。

条項別の解説とその文例を掲載している部分は、上記目次の第1章と第2章になります。
頁数からも分かる通り、解説部分は非常に簡潔で文例も多くはありません。
第3章が本書の中心部分になりますが、ここでは、「見出し語順」に文例が225例紹介されています。
アルファベット順に並んでいるため、英文の作成という観点からは、あまり使い勝手がよくありません。でも、ここに見出し語として掲載されている230の用語は、どれも理解し記憶しておくことが必須のものばかりですから、これを読んである程度覚えておけば、以降の作業におおきなプラス効果があるものと思われます。

さらに、本書には、巻末に「英和索引」(20頁)と「和英索引」(10頁)が付いています。
これは非常に使いやすいものです。
私は、量もそれほど多くはなく、また索引としては文字も大きいため、これをコピーして暗記用として使用していました。
もちろん、本書中に掲載されているページも書かれています(索引なので当たり前ですが)ので、特に和英索引を用いて条項例を見ることにより、とても利用価値が高まると思います。

掲載されている英文はきちんとしたものです。
条項の網羅性には多少難があるかもしれませんが、用語の使い方などを知りたい時に、とても重宝する本だと思われます。

但し、本書は初版発行が2004年で改訂版が出ていないため、購入するのに少し苦労するかもしれません。
(アマゾンでは、今日現在「通常2~4週間以内に発送」となっているようです)


-つづく-

関連記事

契約英語の勉強方法-5

前回は、日本経済新聞社の「英文ビジネス契約書大辞典」(山本孝夫著)をご紹介いたしました。

今回は、もう少し購入しやすい価格帯の本で、私が参考になったと思うものをご紹介しようと思います。

まず、中央経済社の「英文ビジネス契約書の読み方・書き方・結び方」(野副靖人著)3,200円です。



この本は、最初に契約及び国際間の契約に関する基礎的事項についての解説があり、次いで基本的な構成と題して、条項の類型別に1件から数件の条項を例示した上でその条項の解説がなされています。
ここで用いられている例文そのものは、多少誤植もあり、また例示数が少ないため、このまま実際の契約に用いるにはかなり役不足といった感じがしますが、そこでなされている条項についての解説は簡明ですので、英文契約全体を概観するためには有益だろうと思われます。

本書は、その後「契約書サンプル」として、「売買契約書」「独占的販売店契約書」「発注書記載裏面約款」「製造委託契約書」「ノウハウ・ライセンス契約書」「機密保持契約書」「貨物寄託契約書」「事務所賃貸借契約書」「電子商取引契約書」という9つのサンプル契約書が和約文とともに掲載されています。
英語自体は若干難点があるものもあり、実際に用いる場合には注意が必要だとは思いますが、各類型の契約書の構成要素となっている条項がどのようなものであるかを把握し、一応の契約ひな型として用いることもできるのではないかと思われます。

本書の前半の解説を読むと同時に、記載されている条項例の英文と和訳文を丹念に写し取っていくことによって、英文契約書の作成能力はかなり向上するのではないかと思われます。


-次回につづく-

関連記事

契約英語の勉強方法-4

前回から少し時間が経ってしまいましたが、引き続き、英文契約の勉強方法について書いてみたいと思います。

前回は、契約英語に関する単語やそれに関する辞典等について書きました。

今日は、この契約英語の勉強方法の最初に書いた「契約英文を写して書く」という点について、「何を参考にしたらいいのか」というご質問を受けたことを思い出しましたので、参考となる本について書こうと思います。

何と言っても、日本経済新聞社の「英文ビジネス契約書大辞典」(山本孝夫著)が素晴らしいと思います。



条項の種類別(例:定義条項、期間条項、通知条項、完全合意条項、契約譲渡条項...等一般条項だけで24種類に分かれている)に、数件から十数件の契約文例が和約文とともに掲載されています。

また、売買契約、ライセンス契約、サービス提供契約、販売店契約等の類型別にそれぞれ特徴的な条項を、これまた数件ずつ掲載しています。

英文もほとんど過りはないようです。
もちろん、ネイティブが作成した英語とは少し違って、文章が少し冗長なところもありますが、「分かりやすい」こと、あるいは「複数の解釈を排除する」という契約書作成の「いろは」から見て、ネイティブが作成した契約文書よりもベターな部分もあるのではないかとすら思えます。

ただ、この本の唯一の難点は、値段が高いことです。

新品だと18,900円です。またアマゾンの古本として出回っているのを見ても、今日現在の最安値は17,000円のようです。

確かに高いかもしれませんが、英文契約の作成を業務として担当する方であれば、本書を買って損はないと思います。

そうはいっても、やっぱり高い!と思われる方のために、次回は、もう少し購入しやすい価格帯で参考になる本をご紹介しようと思います。

-次回につづく-

関連記事

契約英語の勉強方法-3

引き続き、英文契約の勉強方法について書いてみたいと思います。

これまでは、英文契約に限らず英語一般の習得方法として、JTW(ジャパンタイムスウィークリー)やペーパーバックの多読によって、年間100万語から200万語を読破することについて書きました。

今日は、単語の習得に関して書いてみようと思います。

英語一般における単語習得の方法については、色々皆さんが工夫されていることと思います。
上記の多読の中で辞書を引いたりJTWの単語注を見たり、あるいは、英検やTOEIC向けの単語集で覚えたり、NHKのビジネス英語(実践と入門)を聞いたり、などなどだと思います。
私も色々な方法を併用しています。

何せもう50歳を過ぎているので、なかなか新しい単語が覚えられませんので、いろんなことを併用し、記憶の糸をさまざまに張り巡らせるように心がけています。(それでもすぐ忘れてしまいます。皆さんがもし若いのであれば、できるだけ若いうちに単語は英検1級程度までは覚えてしまいましょう。)

契約上の英単語については、実際の契約を読み、条項を書くことで覚えることがほとんどです。
以前、菊池義明さんがまとめておられる「契約・法律用語英和辞典」(IBCパブリッシング刊)の全部を読んで覚えようと思いましたが、挫折してしまいました。
でも、この本はとても素晴らしいと思います。



契約書を書こうとする際に、いつも机上に置いておきます。単語数が豊富であることのほかに、当然かもしれませんがそこに出ている例文はほとんどすべて契約書からの引用になっています。そこに引用されている文例をそのまま契約書に用いることも可能でしょう。
ですから、英文契約を作成する際には、ぜひともこの「契約・法律用語英和辞典」を手元に置いておきたいものです。

ただ、上記「契約・法律用語英和辞典」は、英和辞典ですから、作文する際にある程度英単語が頭に浮かぶようになってからはとても重宝するのですが、まだ英単語が浮かんでこない段階では使いずらい面があります(特に、同辞典は和文の索引がない!)。

そこで、英語を書く上でまず用意したいのは、原秋彦さんの「ビジネス法務基本用語和英辞典」です。



この本は、ニューヨーク州弁護士でもありまた「ビジネス契約書の起案・検討の仕方」(商事法務)という素晴らしい本を書かれている原先生が書かれたもので、とてもスプレンディッドかつマーベラスな辞典だとおもっております。
B6版476ページで5250円は一般的には高いと思われるかもしれませんが、英文契約を書く機会の多い方は、是非用意しておきたい本だと思います。
しかも、この辞典は巻末に英和も付いており非常に使いやすくなっています。難点を言えば、若干語彙数が少ないかなとも思いますが、それを補って余りある価値を持つ本だと思います。
さらに言えば、ここに出てくる用語を大体覚えれば、英文を書く際にほとんど不自由はしないものと思われます。(頭から覚えることすらできそうなボリュームです。)

もちろん、英文契約を書く場合、法的な文章を書くだけではありません。
製品の仕様書、あるいはライセンスや開発委託、提携その他における業務内容等の前文や定義条項等への記載等に関して、非法律・契約的な一般用語や技術的用語を書く必要もあります。
従って、上記の契約英単語の習得をもってすべてとするわけにはいかないため、こつこつと、一般の単語集→多読→辞書→単語集→...というサイクルを重ねていく必要はあると思います。

-次回につづく-


関連記事

契約英語の勉強方法-2

前回に引き続き、英文契約の勉強方法について書いてみたいと思います。

【2-英字新聞をひたすら読む】

以前にも書いたと思いますが、英語力を上げ且つ英語的な発想を理解するには、何よりも沢山の英語を読むことが大切でしょう。1年間に100万語(200万語?)読むと良いと、グーグルジャパンの村上社長が書いておられたように記憶しています。

英文契約に関する理解力を上げることについては、多数の契約書を毎日読むことができれば一番いいのでしょうが、契約1本につき4千語から1万語位ですから、1年間に100万語読むためには、5千語の契約を200本読む必要があります。バラエティに富んだ各種の契約を毎年200本揃えられる方はあまりいないのではないでしょうか。

それに代わる素材としては、小説などよりも新聞が適していると思います。新聞の内容は、政治、経済、社会、文化、科学技術全般ですが、それは基本的に説明文ですので、どの分野の記事であっても契約書の読解の訓練になると思います。

私の場合、日刊の英字新聞を読むのは量的に辛かったので、週刊のジャパンタイムズウィークリー(JTW)を購読しました。
これはタブロイド版20頁のもので、1ページに1000から1200語ほど書かれていますので、20頁では約2万語、52週分だと約100万語になります。それを必ず、毎号、記事の内容に関わらずすべて読む、ということに決めて実行しました。
これでもかなりの量だと思います。仕事で読む分を除き、最初のうちはこれ以上の英文を読むのはかなりきつく感じました。
私の場合、最初は3頁(3000から3500語)読むのに1時間くらいかかってしまったので、1号読むのに7時間かかったことになります。
TOEIC等の出題文と比べ、新聞記事の場合は未知の単語も多くまた独特の言い回しや文学的表現の部分もあるため、読解スピードが遅くなるのは仕方ありませんが、それにしても最初はかなり遅かったように思います。
その後2年程経った時点では、JTWの記事について未知の単語を注で確認しながら1分間で150語程度、3頁(3000から3500語)を20分くらいで読めるようになっていました。
そうなると、毎週金曜又は土曜に配達される新聞を週の早い段階で読み終えることができましたので、週の後半はペーパーバックに手を出すことができます。

ペーパーバックは、1ページにつき大体250語から350語だと思いますので、ダン・ブラウンの「ダ・ヴィンチ・コード」のように1冊600ページの本の場合、15万語程度となります。エリザベス・コストヴァの「ヒストリアン」やハリーポッターシリーズ中最もボリュームのあると思われる「不死鳥の騎士団」は30万語ほどででしょう。JTWに加えて、600ページ位のペーパーバックを1年間に4、5冊読めば200万語に到達することになります。JTWと並行してペーパーバックを年間4,5冊こなすのはかなり大変ではありますが、業務上で読む英文を加えると、年間200万語を達成することは可能だと思います。

   -次回につづく-

関連記事