契約書作成の目標

5月23日(木曜)開催の契約に関するセミナー
 「契約の基礎知識と契約条項別問題点、モデル契約の分析講座」
  (日本経営協会関西本部主催)
の準備をしています。

今回で(たぶん)14回目になりますが、レジメを見直す度に、修正したり追加したりすべき所を発見しています。

もちろん、法律も判例も変わる訳ですから、それに合わせたレジメの改定は当然といえば当然です。

でも、今回の修正は、契約書作成の意義といった非常に基本的なところで、その内容を追加すべきだと感じました。

先日、米国弁護士のFox氏が書いた「Working with Contracts」という本を読みました。



この本の最初のほうに次のような記述がありました。

「The goal of a contract is to describe with precision the substance of the meeting of two minds, in language that will be interpreted by each subsequent reader in exacrly the same way.」
(“Working with Contracts” p4, by Charles M. Fox, a lawyer in the U.S.)

契約の作成は、米国の新前弁護士などにとって極めて難しい課題となる、なぜならば、契約で最も重要な部分は、非法律的な部分だからだ」

という命題から始まるこの本は、それに続けて、上記のように、

「契約の目的は、誰が解釈しても同じ結果になるように当事者の合意内容を正確に記述すること。」

と書いています。

そして、正確に記述された契約書を作成するためには、契約当事者が、明確に、「得たいものを得るために何を諦めたのかを理解」していることが必要だとしています。
「The process of contract formation also forces the parties to understand what they must give up to get what they want.」

最近の私のセミナーでは、予測可能性を向上させることが契約作成の大きな目的だとしてしてきました。
「たとえ自分に不利な内容であろうとも、それを明確化させ予測可能性を高めることが、企業経営上重要だ」ということです。

Fox氏も、上に続けて、契約は予測可能性をもたらすものだとしています。
「This process results in more realistic expectations as to the resks and rewards of the transaction.」

ただ、Fox氏は、この予測可能性は結果であって、それを達成するには、上記のとおり、当事者の理解の「正確」な記載が必要だといっておられるようです。

この「何を諦め、何を得たのか」という理解は、その条項の意味している実際の内容が、その当事者の意図したこと「のみ」を表しているのか否か、ということを深く掘り下げて検討する必要があります。

別の意味に解釈できる余地があれば、その契約条項は、当事者の理解を正確に反映していることにはなりません。

そして、このような検討をすることによって、思わぬリスクに気づいたり、双方の不一致が発見されたりしていくことにつながりますし、曖昧さが除去される結果として予測可能性が高まるわけです。

結局、契約作成の意義ないし目的は、このFox氏の考えを加えると、次のようになるように思います。

「契約の目的は、誰が解釈しても同じ結果になるように、当事者が考えている内容を、可能な限り、洗いざらい、正確に記述する努力を重ね、用いられている用語の曖昧さを除去することにより、紛争を防止し、予測可能性を向上させること」

上記を、今回のセミナーのレジメに追記しようと思います。


-追記-
この本は、どうやら翻訳版が出ているようです。
邦題は「米国人弁護士が教える 英文契約書作成の作法」(商事法務)で、東大の道垣内先生および日立製作所法務本部英米法研究会の翻訳のようです。



  → にほんブログ村 法務・知財
  → 英語ブログ 英語で仕事


関連記事

平成25年5月23日契約実務セミナーのご案内

今年5月に大阪市で開催予定の契約実務セミナーのご案内パンフレットが、(社)日本経営協会-関西本部から送られてきましたので、ご連絡します。

開催日は、H25年5月23日(木)10時~17時(正味6時間)です。

これまで、同様の内容のセミナーを年2回程度のペースで、日本経営協会関西本部様に開いていただいており、今回で、おそらく14回目ではないかと思います。


パンフレットのコピーのダウンロードは、次をクリックしてください。

 「契約の基礎知識と契約条項別問題点、モデル契約の分析」講座パンフ

 *ちなみに、英文契約に特化した講座ではありません。


なお、このパンフレットは、同協会が
「契約の基本とリスクマネジメントの実務コース」
と題して、2講座併せたものとして作成されています。

そのため、解除時等非常事態における対応に焦点を当てられた宮田正樹先生の講座と一緒になっております。

もちろん、各講座単体での受講は可能です。

なお、このパンフに一緒に掲載されております宮田先生の講座の内容については、当方では一切関知しておりません。
また、当方の講座との摺合せも行っておりません。

従って、当方の講座の内容と重複する箇所もあるかもしれませんので、その点、あらかじめご了承ください。

もしよろしければ、ご参加ください。

ご都合の悪い方は、秋(10月16日(水))にも同様のセミナー(但し、当方の講座のみで、宮田先生の講座はありません)を開催する予定となっておりますので、そちらにご参加ください。



関連記事

実践ビジネス英語~テキスト420円

NHKの「実践ビジネス英語」は、以前の「やさしいビジネス英会話」の時代から、ず~っと聞き続けています。

最初に聞き始めたのは、1992年のようで、テキストが残っています。
途中、ちょうど、別冊で出た「大滝怜治」編のあたりを2年ほど聞いていませんが、それ以外は、ずっと聞き続けてきましたし、2000年以降は、ほとんどのセッションの15分間全部の録音が記録されたMDをもっています。
(大きな菓子箱にいっぱいになってしまっています。)

途中、アメリカ人でアシスタントのクリス・松下さんが本国へ帰られるというのでおやめになり、また、週一回のご担当だったスーザン・岩本さんも昨年からいなくなり、一昨年から、ヘザー・ハワードさんが担当されていらっしゃるなど、アシスタントの方は変わられたのですが、杉田先生におかれては、ビジネス英会話がはじまった当初から、ずっと変わらずご担当されており、頭が下がる思いです。
(先生は、1944年のお生まれのようですので、現在68歳でしょうか?)

さて、そのテキストが、この4月号から420円(税込)になるそうです

今は380円ですから、大したアップではありませんし、NHKという公共放送機関の存続や品質の向上といった観点からみても、仕方ないのだと思われます。(ひょっとすると今までが安すぎたのかもしれませんね。特にビジネス向けとしては。)

ただ、二つ、NHKにお願いしたいことがあります

一つ目は、電子版の価格を下げていただきたいということです
いま、紙版380円、電子版350円です。あまりに差が小さくないですか?

紙資源の保護という観点からも、あるいは我が家のような狭い住環境を考えると、もう少し、紙版との差を付けて安くしていただけたらと思います。
もちろん、先生たちの報酬は、テキスト収入からも賄われているのでしょうから、法外なことは言えませんが、それでももう少し電子テキスト版を安くしていただければ、当方も、電子テキスト版の使用を考えたいと思います。

電子版テキストの普及=紙の無駄遣いの削減=森林資源の保護=地球温暖化の防止、という一連の流れを
強く意識していただき、ぜひともより安価な料金で、電子版テキストを出していただけたらと存じます。
希望価格は、紙版の新価格が420円ですから、電子版は、250円程度なら、かなり利用者が増えるような気がいたします。
(現在の380円と350円の差では、みな、紙を持っていたいと思うレベルの差異しかないように思います。あくまで個人的感触ですが)



もう一つの要望は、PC上からのダウンロード配信についてです。

現在、PC上からは、前週の分を翌週月曜から日曜の7日間に限ってダウンロードすることができます。
営業政策上(要するにCDを売りたいという政策でしょう)、1週間遅れで提供し、それを1週間で打ち切るという方法での提供もやむを得ないのかもしれません。

昨今のようにAM電波の品質が悪い場所も多く、特に私のようなマンションでは、ほとんど電波が受信できないか、雑音が混じって仕方ありません。
このような状況で、PC上で実際の放送時間にその放送をPCで聞けるという対策が今とられようとしており、NHK第2放送は、おおむねリアルタイムでPC上で聞くことができるようにはしていただいております。

しかし、問題なのは、「タイマー録音」なのです。
タイマーで自動的に録音しておいてくれるから、取りこぼすこともないわけです。
しかし、PCでのストリーム配信や、PCからのダウンロードでは、計画を立てて、その時間にマニュアルで準備をして録音という作業を行わないといけません。

たかが一週間に一度やればすむではないか?と言われる向きもあろうかと思いますが、忙しかったり、出張にいったいりすると、つい、その1週間の猶予というメリットを享受できない恐れも多々あるのです。

そこで、NHK様へ。


営業政策も理解できますので、ウェブ上における過去の放送のダウンロードを「永久に」お願いするのが難しければ、せめて、1か月間、それもだめなら、今の倍の「2週間」は、前週と前々週のファイルのダウンロードを可能としていただければ、聞き漏らしたくない、録音漏れしたくない、という当方のプレッシャーも、かないり低下するのではないかと思っております。

また、NHK出版ないしNHKラジオ第2の関係の方がご覧になられることを、ひそかに期待して、改善されることを期待いたします。

なんといっても、ビジネス英語は、日本のビジネスマン、ひいては日本国の今後の国力の大きな一翼を担う、とてつもなく重要な教育投資です。

私は、ビジネス英語を欠かさず聞き、ここ数年不明の単語熟語をノートにまとめたうえで、全文を書き写し、セッション全体の6分の会話を継続してリスニングしています。(録音したMDを編集してです)。
これが、外国で暮らしたことのない私の「英語に関する常識」を養う大きなツールであり、唯一といっていいほどの貴重な体験となっているのです。

どうぞ、私のような50を大分過ぎた年寄りでも、楽に続けられるようなそんなソリューションをお願いいたします。


関連記事

ブルーカットメガネ

最近、JINS PCというものがとても流行っているらしい。

最初、嵐の櫻井君が出てきたときは、「ジーンズ色のパソコン」かと思いました(つい先週です)。

が、よくCMを見て見ると、どうもPCの宣伝ではなく、メガネの宣伝のようで、びっくりしました。

結局、JINS PCとは、PC等からでるブルーライトを50%カットしてくれるというサングラスみたいなものだ、ということがわかりました。

確かに、このところPC画面ばかりにらめっこしているため、目がとても疲れて痛い状況が続いています。

でも、老眼に近視なので、遠近両用(私の場合、中近両用)のメガネにしなければ意味がないので、とりあえず、アマゾンで、ブルーライトをカットしてくれるクリップオンを購入しました。

確かに、疲労度は違うようです。
だから、買ってよかったとも思います。

でも、息子に「人相が悪い」と言われました。
サングラスみたいなものを家の中でかけているのですから、そのように見えても仕方ありません。

それに、いくら軽い素材でできているといっても、重くなります。
クリップオンをつけても、学生時代にかけていたメガネのほうがよっぽど重いのですが、最近の軽量フレームに慣れてしまったので、少しでも重いと気になります。

仕事に集中しているときはよいのですが、集中が途切れると途端に重さが気になります。

その後、調べたら、JINS PCでも、遠近両用(中近両用)タイプも、少し料金に上乗せすれば、作ってくれるそうです。

結局、それを買うことになるのでしょうか。

目は、私の数少ない商売道具の一つです。
少しいたわってあげないと...。

(いたわってあげるなら、こんな時間に仕事したりブログ書いてないで、早く寝るべき、ですね。ではでは。)


関連記事

米株価最高値更新、シャープとサムスン提携~ターニングポイントとなりうるか?

先ほど(3月5日付け)、大きなニュースがいくつか一度に報道されました。


まず、米国株価が史上最高値を更新したそうです。

また、シャープがライバルのサムスンと提携をするそうです。

さらに、中国は、今年の成長率目標を7.5%とし、これまでより目標値を引き下げる一方、ニュースの中で、中国の人手不足を報じていました。

中国の人手不足と成長率の鈍化は、世界経済にマイナスの影響を及ぼすのか、それとも先進国の製造業にとってプラスの影響を及ぼすのか、一概に判断できないとは思いますし、経済の専門家でも何でもない素人の私の感覚にすぎません。

が、しかし、何か先進国の勢いが少しだけ変わってきているのではないかとの印象を受けました。

特に、シャープがサムスンと提携したことは、日本にとって特徴的な、ある意味でターニングポイントとなりうる事態ではないかと、素人ながらに思っております。

それは、そこに、戦後のエコノミックアニマルとして恐れられた日本のエネルギーというか、「破れかぶれ」さというか、そういう「なりふり構わぬ力」が感じられるからです。

日本の景況判断も全地域で上方修正されたばかりです。

もちろん、バブルでは何の意味もありませんが、途上国のみが発展し先進国がおいて行かれるのではなく、途上国と先進国の双方に恩恵をもたらすような形で、リーマンショック以降の沈滞した経済を払拭していくことができれば、これ以上望ましいことはないでしょう。

毎日、英文契約に関する業務に携わっている小生の感覚では、案件数として昨年12月以降、中堅企業の国際案件が非常に増えているように思われます。

私の感覚など全く当てになるものではありませんが、日本の中小企業の海外との取引が増加することは、日本経済の立ち直りを表現しているように感じられます。

このまま、バブルではない実体経済が、適切な率で拡大・発展していくことを祈ってやみません。

さらに言えば、そのような健全な発展が、各国に対して不況の中でなおざりにされてきた地球温暖化等環境問題に再び目を向けさせる契機になることを、本当に祈ってやみません。


関連記事