ゴールデンウィーク中の営業予定

朝から久しぶりに外出しましたが、

  暑っ

の一言。

今日は、夏日になりそうです。


さて、今週末から、ゴールデンウィークが始まります。

弊所のGWの営業は、カレンダー通りを
予定しております。


(といっても、営業日は、
 5/2日(月)と5/6(金)の
 二日だけですが....)




 -寺村総合法務事務所のホームページ-

〇 英文契約のページ  
〇 和文契約のページ  
〇 総合案内のページ  


関連記事

テーマ : 企業経営 - ジャンル : ビジネス

新しい年度の景気やいかに

つい先日、節分だと思っていたら、もう4月。

多くの会社で、新年度になってしまいました。

新入社員が入ってきたり、
新たなメンバーとともに新たな目標を立てたり、
歓迎会だったり、
花見だったり、
決算だったり、
株主総会が近くなったり、などなど、

結構皆さん忙しいのではないかと思います。


ただ、悲しいかな、経済の見通しはあまり良くないようで、心配です。


下のリンクは、NHK-WEBの記事です。


     NHKの記事「黒田日銀 遠いデフレ脱却」


日銀短観では、(「景気良い」から「悪い」を引いた数値)

 ・「大企業・製造業」 =「6」 (前回調査比:マイナス6ポイント)
 ・「大企業・非製造業」=「22」(前回調査比:マイナス3ポイント)
 ・「中小企業・製造業」=「-4」(前回調査比:マイナス4ポイント)
 ・「中小企業・非製造業」=「4」(前回調査比:マイナス1ポイント)

と、すべてで前回調査比でマイナスとなっています。

特に、中小の製造業では、前回比がマイナスになっただけでなく、
「良い」-「悪い」がマイナスとなり、既に、景気は「悪い」状態に
落ち込んでいるのが、気掛かりです。

10月-12月の企業経常利益は、非常に良かったはずです。

法人企業統計では、
・2012年10月-12月=12..5兆円 → 2015年10月-12月~17.4兆円)
となっています。

しかし、消費支出は、3年前に比べマイナスになっており、企業収益の
従業員所得への配分が、うまくいっていないと言えそうです。

企業業績は、結局のところ、消費マインドに左右されるのだと思います。
企業のためにも、個人のためにも、企業収益がこれまで以上に、従業員
の所得に大きく配分されることが望ましいように思います。



さて、そんな厳しくなりそうな経営環境では、企業間の契約におけるリスク
を提言することが、ますます重要となります。

これまでのご案内の通り、早稲田大学オープンカレッジで、次の講座を
担当させていただいております。

 (クリックすると早稲田大学オープンカレッジのページへ移動します)

1) 「契約書の実務」 - 契約実務の基礎と条項別問題点の検討-
  H28年 5/19, 05/26, 06/09, 06/16(木曜) 19時~20時半 計4回(4コマ)
  (受付中)

2)「英文契約の実務(基礎読解編)」-英文契約の基本構造とその読み方-
  H28年 10/15、10/29、11/12(土曜) 13時-16時半 計3回(6コマ)
  (受付は、8月下旬または9月上旬を予定)

2)の英文契約の方は半年後ですが、1)の和文契約の講座は、受付中です。

上記リンクを辿って、早稲田大学のページでご確認ください。






 -寺村総合法務事務所のホームページ-

〇 英文契約のページ  
〇 和文契約のページ  
〇 総合案内のページ  



関連記事

テーマ : セミナーのお知らせ - ジャンル : ビジネス