増刷完了 『 はじめての英文契約書の読み方 』 (アルク)

台風が近づいています。東京は、今日(9月30日)の夕方から暴風雨の予報です。

さて、2018年10月4日(木曜)から、早稲田大学オープンカレッジにて、
  「英文契約の実務-基本読解編-
が開講されます。
(お申し込みはまだ間に合うようですので、こちらをクリックしてください)

Nakano 20Per



その講座で「教科書」として使用するものではありませんが
参考図書」として挙げている拙著
    「はじめての英文契約書の読み方」(アルク)
     (クリックすると、アマゾンへ移動します)
について、一昨日増刷が完了したようですので、お知らせいたします。
一時、アマゾンなどで「欠品」状態になっていたようですが、現在は解消しています。

上記の通り、「参考図書」としての扱いではありますが、
中央経済社の「1冊でおさえる 英文・和文契約実務の基本」と共に、
この早稲田大学オープンカレッジの英文契約関連講義の受講する際には
大いに参考になるものと思います。

よろしければ、これを機会に是非お読み下さい。

なお、今回の増刷(3刷)にあたっては、45ページにありました誤った記述を、修正しています。

*修正部分~第1刷及び第2刷の45ページ、第3段落2-5行目:
 「その理由は、“prevail over”の後に、もう一度主語全体
 “any provision in the Individual Contract inconsistent with any provision of this Agreement”
 を書かなければならなくなるからです。

この部分は、次のように修正されています:
 「その理由は、“over”を使って書いた場合、
 「Bの定めと異なるAの定めは、Aの定めと異なるBの定めに優先する」
 といった表現となり、非常にくどくなってしまうからです。


どうぞよろしくお願いいたします。



-英文・和文契約書の専門事務所-
寺村総合法務事務所

ホームページ

〇 英文契約のページ  
〇 和文契約のページ  



  
1冊でおさえる        はじめての英文契約の読み方  
   英文・和文 契約実務      通常書籍版     アマゾン・キンドル版 
 
関連記事

一般受付9月7日開始予定/英文契約実務セミナー(早稲田大学オープンカレッジ)

昨日は25年ぶりという強烈な台風が通り過ぎていきました。
関西空港に閉じ込められた方々が3000人もいるとのことで、
熱中症などが心配です。

さて、早稲田大学オープンカレッジ<中野校舎>では、
10月4日(木曜)~6回の予定で、
  「英文契約実務~基礎読解編
が開講される予定です。
(詳細はこちらをご覧ください~早稲田大学のホームページへ移動します)

講義日程は、次の通りです。
 10/04, 10/11, 10/18, 10/25, 11/08, 11/15
 (それぞれ 木曜 19時~20時半 計6回です)

講義の内容は、
「 英文契約の基本構造、英文契約に特徴的な基本的条項、表現および用語を解説するとともに、具体的な条項例を引用し、その意味、解釈や翻訳のポイントの説明を行います。なお、英文契約条項の検討と並行し国内企業間の和文契約の考え方や問題点についても適宜検討します。さらに英文契約と国内契約の背景にある英米法や民法などの法的な考え方についても同時に検討します。

オリジナルのレジメを用意しますが、講義は、パワーポイントを使用して説明をします。
実際の英文を説明しながら、その条文の考え方などを検討していきます。

ボリュームが結構あり、いつも時間がぎりぎりになってしまいますが契約修正のポイント、
また翻訳の方法などについても、できるだけ触れていきたいと考えています。


詳細な講義内容は、次の通りです。
(但し、多少前後したり、マイナーチェンジがあり得ます)


.「英文契約の実務-基本読解編」講座
-英文契約の基本構造とその読み方-(6コマ)

第1章 契約の目的
-契約および契約書の目的(国内契約、国際契約に共通した普遍的目的)-

第2章 英文契約読解上の留意点
 2-1.他国の言語であること
 2-2.関係代名詞
 2-3.「契約交渉の結果」として出来上がっている条文の特徴
 2-4.修飾関係の把握/文章内容の理解と把握(訳例検討)
 2-5.英米法概念の混入(コモン・ローとエクイティ、約因理論)

第3章 英文契約特有の言い回し(リーガルジャーゴン)、ラテン語
  <参考>その他の頻出語句

第4章 英文契約の構造、冒頭、前文、約因
 4-1.英文契約の全体構造/冒頭部分
 4-2.冒頭部分
 4-3.前文~リサイタル条項
 4-4.約因
 4-5.末尾文言

第5章 個別条項の検討(読解)1~定義条項
 定義条項1~4

第6章 個別条項の検討(読解)2~一般条項
 6-1.準拠法
 6-2.仲裁
 6-3.譲渡禁止
 6-4.権利非放棄
 6-5.分離解釈
 6-6.表明及び保証
 6-7.保証(保証の否認)
 6-8.責任の制限
 6-9.完全合意
 6-10.不可抗力(p4と同じ)
 6-11.当事者の関係
 6-12.秘密保持条項
 <参考資料-1> 秘密保持契約例
 6-13.知的財産に関する定義条項
 6-14.知的財産権の非移転、保証
 6-15.契約期間
 6-16.契約解除
 6-17.通知

第7章 個別条項の検討(読解)3~売買基本/販売店契約特有条項
 7-1.対価(価格)
 7-2.支払方法(信用状)
 7-3.出荷(インコタームズ)
 7-4.検査
 7-5.保証/瑕疵担保責任
 7-6.所有権・危険の移転
 7-7.下請け
 7-8.基本契約性
 7-9.個別契約
 7-10.販売店の任命
 7-11.ミニマムパーチャス(最低購入量)
 7-12.直接交渉の禁止
 7-13.競合品の取り扱い禁止

<参考資料-2> ライセンス契約例(ノウハウライセンス契約)
<参考資料-3> ライセンス契約例(利用規約)




-英文・和文契約書の専門事務所-
寺村総合法務事務所

ホームページ

〇 英文契約のページ  
〇 和文契約のページ  









関連記事