BusinessLawJournal3月号を読んで

今日は節分-2月3日。

年のせいか、今年は特に時の経つのが早いように思えてなりません。

さて、本日はBusinessLawJournal の読後感想です。

3月号(2015年)の特集は、「2015法務の重要課題」
会社の法務業務は実に多様で広範ですね。
私のような契約法務一辺倒の仕事で済んでいる身からすると、企業法務
家の皆さんに頭の下がる思いです。
(同時に自分が昔企業にいた頃の大変だった記憶が蘇ってしまいます)


また、今号から 「ライセンス契約法-取引実務と法的理論の橋渡し」
 (松田俊治弁護士著)と題する連載が始まるようです。

具体的な内容は次号からのようですが、ライセンス契約の多様性に鑑み、
条項別の解説ではなく、実務上の個別の問題点を俯瞰するというアプロ
ーチのようで、実務的問題と法的理論の橋渡しをめざす、とのことです。
そして更には、ライセンス取引をめぐる体系的な「ライセンス契約法」の構
築につなげたい、とされておられます。


ライセンス契約は、クロスライセンスと、そうではないライセンスとでは、そ
の背景となる企業関係の違いに起因して、大きく異なった特徴を持つもの
だと思います。
前者における当事者は「競合関係」にあり、後者は「協業関係」にある、と
いう場合が多いからだと思います。

また、特許やノウハウのライセンスとソフトウェアやコンテンツのライセンス
も大きく異なる場合が多いでしょう。
特許やノウハウはその技術を使って新たに何かを生み出していくために、
ライセンスを受けることが多く、従ってライセンス料はその生み出された何
物かに対して、どのように課金するか、という点が重要になります。
しかし、ソフトウェアやコンテンツの場合、単体で又は他のソフトウェア等に
組み込み若しくは一緒にしたうえで、そのソフトウェア自体、コンテンツ自
体を再配布していくという使われ方になることが多いわけです。

このような多種多様な性質を有するライセンス契約につき、どこまで「ライ
センス契約法」という一つの体系的な法律論を構築できるのか。
この困難な課題に先生がどのように立ち向かうのか、次回が楽しみです。


 -寺村総合法務事務所のホームページ-

〇 英文契約のページ  
〇 和文契約のページ  
〇 総合案内のページ