寺村総合法務事務所のブログ
英文契約/和文契約の作成・翻訳者のぼやき
プロフィール

寺村淳/寺村総合法務事務所

Author:寺村淳/寺村総合法務事務所
契約書(英文・和文)の作成や翻訳をやっております。

英文契約書の作成や翻訳の仕事に関して考えたこと、悩んだこと、その他のぼやきなどを書こうと思います。


早稲田大学オープンカレッジ主催
契約書の実務
契約実務の基礎と条項別問題点

(次回は 2019年 01/24, 01/31, 02/07,02/14, 02/21)



早稲田大学オープンカレッジ主催
英文契約の実務-基本読解編-

2018年10月4日~(終了)

(次回は、2019年 10/9, 10/16, 10/23, 10/30, 11/6, 11/13の予定)



1冊でおさえる
英文・和文
契約実務の基本



-英文・和文契約書の専門事務所-
寺村総合法務事務所 ホームページ



〇 英文契約のページ  
〇 和文契約のページ  

ブログ村

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログ村ランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新コメント

最新トラックバック

契約書の電子化
早稲田大学エクステンションセンター(オープンカレッジ)の
春学期の「契約書実務(和文契約)」が、先週終了しました。

次回の和文契約についての講座は、昨年同様、冬学期(1月~)を
予定しています。

また、少し先ですが、秋学期には、英文契約実務(基礎編)が開講予定です。


さて、先週の講義で「契約書の電子化」について、良い方法はないかとの
ご質問を受けました。

これには、法人代表者の電子署名をしたうえで、電子版として保存する
方法や、関連企業との間で電子決済を導入し帳票を電子化する、などが
あると回答しましたが、具体的なところまではお答えできませんでした。

そこで、少し調べてみました。

会社における契約書の電子化は、印紙税や諸経費の節約、文書管理の
簡素化などから、各会社で既に導入が始まっているようです。

ただ、法人の場合、やはり、その電子署名をどのように管理するのかとい
う難しい問題があるようです。
(どこかの会社では、電子署名をCDにのみ記憶させ、金庫保管をしている
とのこと。)

これについて、当方で特にノウハウを持ち合わせているわけでも何でもあり
ません。

ただ、システム関連各社から、電子署名による文書管理システムが提供さ
れているようです。

昔、当方が在籍していた新日鉄住金ソリューションズ株式会社においては、
「電子契約(Contracthub)(コントラクトハブ)」という名称で、電子契約全般に
ついての商品(サービス)があるようです。

ウェブページはこちら↓です。

 電子契約CONTRACTHUB(コントラクトハブ)
    -新日鉄住金ソリューションズ-


但し、当方は、(昔在籍していたとはいっても)上記サービスの内容や料金
について具体的に知っているわけではありませんので、詳細は、サービス
提供会社にご確認をお願いします。


ご参考まで。






 -寺村総合法務事務所のホームページ-

〇 英文契約のページ  
〇 和文契約のページ  
〇 総合案内のページ  



テーマ:☆経営のヒント☆ - ジャンル:ビジネス


トラックバック
トラックバック URL
http://officeteramura.blog.fc2.com/tb.php/183-62eaea00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)