増刷完了 『 はじめての英文契約書の読み方 』 (アルク)

台風が近づいています。東京は、今日(9月30日)の夕方から暴風雨の予報です。

さて、2018年10月4日(木曜)から、早稲田大学オープンカレッジにて、
  「英文契約の実務-基本読解編-
が開講されます。
(お申し込みはまだ間に合うようですので、こちらをクリックしてください)

Nakano 20Per



その講座で「教科書」として使用するものではありませんが
参考図書」として挙げている拙著
    「はじめての英文契約書の読み方」(アルク)
     (クリックすると、アマゾンへ移動します)
について、一昨日増刷が完了したようですので、お知らせいたします。
一時、アマゾンなどで「欠品」状態になっていたようですが、現在は解消しています。

上記の通り、「参考図書」としての扱いではありますが、
中央経済社の「1冊でおさえる 英文・和文契約実務の基本」と共に、
この早稲田大学オープンカレッジの英文契約関連講義の受講する際には
大いに参考になるものと思います。

よろしければ、これを機会に是非お読み下さい。

なお、今回の増刷(3刷)にあたっては、45ページにありました誤った記述を、修正しています。

*修正部分~第1刷及び第2刷の45ページ、第3段落2-5行目:
 「その理由は、“prevail over”の後に、もう一度主語全体
 “any provision in the Individual Contract inconsistent with any provision of this Agreement”
 を書かなければならなくなるからです。

この部分は、次のように修正されています:
 「その理由は、“over”を使って書いた場合、
 「Bの定めと異なるAの定めは、Aの定めと異なるBの定めに優先する」
 といった表現となり、非常にくどくなってしまうからです。


どうぞよろしくお願いいたします。



-英文・和文契約書の専門事務所-
寺村総合法務事務所

ホームページ

〇 英文契約のページ  
〇 和文契約のページ  



  
1冊でおさえる        はじめての英文契約の読み方  
   英文・和文 契約実務      通常書籍版     アマゾン・キンドル版