受付中-「契約書の実務」講座(早稲田大学オープンカレッジ)

ばたばたしているうちに、もう4月中旬。
ゴールデンウィークまで、あと2週間となりました。

そのゴールデンウィーク後の5月15日から、
早稲田大学オープンカレッジ主催にて

 「契約書の実務」(契約実務の基礎と条項別問題点の検討) 講座
  (上記リンクをクリックすると早稲田大学の講座案内に移動)

が始まります。(毎週水曜日計5回、19時15分から20時45分)


現在も、募集中(のよう)ですので、お早めにお申し込みください。

費用は、早稲田大学オープンカレッジ会員は、19,440円(税込み)
     一般(会員外)の方は、 22,356円(税込み)
だそうです。


内容は、以下の通りです。(多少変更の場合あり)
 (テキストは、レジメを配布します)

受講は、上記又は下記のリンクをクリックし、早稲田大学の
ウェブサイト
へ移動の上お申し込みをお願いします。

なお、英文契約に関する講座は、本年度(2019年度)も、
10月に開講の予定です。(水曜、計6回、19時15分~)
  (10/9, 10/16, 10/23, 10/30, 11/6, 11/13)


どうぞよろしくお願い申し上げます。

        「契約書の実務」
(契約実務の基礎と条項別問題点の検討)

 (クリックすると早稲田大学のウェブサイトに移動します)

第Ⅰ部 契約とその法律上の位置づけ
1.契約の成立(主として意思表示について)
2.契約の類型
3.法律条項の性質~任意規定と強行規定
4.契約成立及び契約類型に関するその他の問題点
5.印紙及び印鑑

第Ⅱ部 契約書の存在意義
1.契約書の存在意義
2.リスクの発見と検討のポイント
3.契約作成時のその他の留意点

第Ⅲ部 条項別検討-標準的な条項
1.基本契約と個別契約-契約成立と承諾の有無
2.所有権移転時期
3.危険負担
4.保証・瑕疵担保責任(※補:改正民法)
5.期限の利益の喪失
6.解除の要件、効果
7.損害賠償、遅延損害金
8.不可抗力条項
9.債権譲渡禁止特約(※補:改正民法)
10.秘密保持義務
11.輸出管理
12.裁判管轄
13.完全条項
14.その他(持参債務の原則、費用負担)
<参考>-現行民法と改正民法の考え方(危険負担、瑕疵担保責任、損害賠償、解除の関係)

第Ⅳ部 契約類型別ポイントと一部条項の検討
1.売買・移転型契約(取引基本契約、不動産等売買契約)
2.販売店契約、代理店契約
3.ライセンス・知的財産権関連契約(ライセンス契約、共同開発契約)
4.業務委託契約、ソフトウェア開発委託契約




-英文・和文契約書の専門事務所-
寺村総合法務事務所

ホームページ

〇 英文契約のページ  
〇 和文契約のページ  











関連記事

ウェブサイト復旧しました

先日ネームサーバーを変えたことで、表示ができなくなって
おりました下記の英文契約のウェブサイトが、復旧しました。

 英文契約の作成・チェック・翻訳
  寺村総合法務事務所サイト

お騒がせいたしました。

なお、メールは、

従来の  officeteramura(at)beach.dti.ne.jp 及び
新しい   legal(at)eibun-keiyaku.net

のいずれでも、OKです。

今後とも
どうぞよろしくお願い申し上げます。


-英文・和文契約書の専門事務所-
寺村総合法務事務所


ホームページ


〇 英文契約のページ  
〇 和文契約のページ  




関連記事

続報-弊所「英文契約」ホームページが利用できません

昨日からご連絡しておりますが、弊所の
 「英文契約」に関するウェブサイト(https://wwwibun-keiyakunet)
は、現在もアクセスできない状態です。

これは、ネームサーバーの変更によるものです。

ロリポップさんのご指導により、サーバー情報を変更(復帰)致しましたので、
1~2日以内には、アクセス可能となる見込みです。

ご迷惑をお掛け致しますが、何卒、ご容赦下さい。





-英文・和文契約書の専門事務所-
寺村総合法務事務所


ホームページ


* 調整中です - 〇 英文契約のページ   
こちらをどうぞ → 〇 和文契約のページ  
こちらもどうぞ → ○ 総合案内のページ  



関連記事

お知らせ~現在、弊所のホームページが利用できません

昨日のメールアドレスの変更に関する続報です。

今現在も、弊所の英文契約サイト「https://www.eibun-keiyaku.net/」は、
見ることができなくなっています

恐れ入りますが、次の和文契約サイト、又は総合サイトをご覧ください。

(英文契約の契約類型ごとの説明や、一般条項の解説等は、
 現在のところご利用できません。すみません。)

和文契約サイト「https://www.keiyaku-sakusei.net/
総合案内サイト「http://www1.ttcn.ne.jp/solicitor/

また、メールアドレスは、今までのアドレス(officeteramuraから始まるメルアド)
宛てにお送りください。

お手数をお掛けし、申し訳ございません。


-英文・和文契約書の専門事務所-
寺村総合法務事務所


ホームページ


(調整中です) 〇 英文契約のページ  
(こちらをどうぞ) 〇 和文契約のページ  


関連記事

メールアドレスの変更~ドメインネームって何?

***4月10日追記:一日たっても表示されない状態が続いています。
    現在確認作業を行っております。


昨日、メールアドレスを、ウェブサイトと同じドメインのものにしようと、
奮闘していました。

私のウェブサイト(https://www.eibun-keiyaku.net)は、
お名前ドットコム」さんでドメインを取得し、
GMOさんの「ロリポップ」さんでサーバーを借りています。
費用が安いので、重宝しています。

しかし、メールアドレスは、昔から借りているDTIさんのウェブサイトに
紐付いたもので、ドメインは、@beach.dti.ne.jpと、DTIさんのドメイン名
が含まれたものです。

それで、上記サイトと同じ「eibun-keiyaku.net」をドメインとするメールに変えようと
したわけです。

すると、大変なことになりました。

お名前ドットコムさんのサイトで、メール転送サービスというのがあり、
無料で、上記のeibun-keiyaku.netをドメインとしたメールアドレスを
頂けるというので、さっそくウェブ上で手続きしました。

ところが、その中で、ドメインネームサーバーというものが変わって
しまった(らいし)のです。

それで、ウェブ検索サイトのグーグルやヤフーで検索すると、サイトを
クリックしても、
 「つながりません」「ネット接続やDNSサーバをチェックしてください」
と表示される場合があるのです!

 しまった!  と思いましたが、もう手遅れ。

上記のメール設定時に、あまり注意もせずに、ネームサーバーを変えてしまったため、
元に戻しようもなく....。

ネットで調べてみると、グーグルなどは、
2~3時間から72時間の間には、新しいものを認識してくれる
と説明しているウェブサイトもあるので、それを信じようと思います。
(信じるしかありません)




-英文・和文契約書の専門事務所-
寺村総合法務事務所


ホームページ


(調整中です)  〇 英文契約のページ  
(こちらをどうぞ) 〇 和文契約のページ  



関連記事