講座案内-英文契約の実務-が掲載されました

いよいよ、夏本番ですね。
ここ立川も35度を超えたようです。

さて、本年(2019年)の10月から開講される
  英文契約の実務 ― 基本読解編 ―
 -英文契約の基本構造とその読み方-
の講座案内が、早稲田大学のウェブに掲載されましたので、
お知らせいたします。

上記のリンク先は、
  https://www.wuext.waseda.jp/course/detail/46920/
です。

受講申し込みの受付開始時期は、次の通りです。
  会員の先行受付: 8月5日~8月23日まで
  一般の方の受付: 9月10日から(定員に達するまで)

上記リンク先からお申し込みが可能です。


講義日程とその内容は、次の通りです

日程:2019年10月9日~、毎週水曜日、夜19時15分から20時45分
    (10/9, 10/16, 10/23, 10/30, 11/6, 11/13 の計6回)
講義の目標
英文契約の基本的な構造と英文契約に特徴的な条項、表現、用語を理解することにより、それほど難解ではないレベルの英文契約を正しく理解し翻訳できる力を養うことを目標とします。

講義概要
レジメを用い、英文契約の基本構造、英文契約に特徴的な基本的条項、表現および用語を解説するとともに、具体的な条項例を引用し、その意味、解釈や翻訳のポイントの説明を行います。
なお、英文契約条項の検討と並行し国内企業間の和文契約の考え方や問題点についても適宜検討します。
さらに英文契約と国内契約の背景にある英米法や民法などの法的な考え方についても同時に検討します。

第1回 10/09: 契約の目的、英文契約の特殊性と読み方、コモンロー・約因・パロールエビデンス、英文契約特有用語
第2回 10/16: 英文契約特有の用語、英文契約の基本構造、リサイタル条項、定義条項等
第3回 10/23: 準拠法、紛争解決、譲渡禁止、権利非放棄、分離解釈、表明・保証、責任制限、完全合意、不可抗力等
第4回 10/30: 当事者の関係、秘密保持、知的財産権、期間、解除、通知等
第5回 11/06: 売買基本 / 販売店契約特有条項― 対価、支払方法、インコタームズ、保証、瑕疵担保、所有権・危険の移転等
第6回 11/13: 基本契約、個別契約、販売店の任命、ミニマムパーチャス(最低購入量)、直接交渉の禁止等、競合禁止等




  
1冊でおさえる        はじめての英文契約の読み方  
   英文・和文 契約実務      通常書籍版     アマゾン・キンドル版 
 



-英文・和文契約書の専門事務所-
寺村総合法務事務所


ホームページ


〇 英文契約のページ  
〇 和文契約のページ  




「契約書の実務」講座(早稲田大学オープンカレッジ)のご案内

5月15日から、 早稲田大学オープンカレッジ主催にて

 「契約書の実務」(契約実務の基礎と条項別問題点の検討) 講座
  (上記リンクをクリックすると早稲田大学の講座案内に移動)

が始まります。(毎週水曜日計5回、19時15分から20時45分)


現在も、募集中(のよう)ですので、お早めにお申し込みください。

費用は、早稲田大学オープンカレッジ会員は、19,440円(税込み)
     一般(会員外)の方は、 22,356円(税込み)
だそうです。


内容は、以下の通りです。(多少変更の場合あり)
 (テキストは、レジメを配布します)

受講は、上記又は下記のリンクをクリックし、早稲田大学の
ウェブサイト
へ移動の上お申し込みをお願いします。

なお、英文契約に関する講座は、本年度(2019年度)も、
10月に開講の予定です。(水曜、計6回、19時15分~)
  (10/9, 10/16, 10/23, 10/30, 11/6, 11/13)


どうぞよろしくお願い申し上げます。

     「契約書の実務」
(契約実務の基礎と条項別問題点の検討)

 (クリックすると早稲田大学のウェブサイトに移動します)

第Ⅰ部 契約とその法律上の位置づけ
1.契約の成立(主として意思表示について)
2.契約の類型
3.法律条項の性質~任意規定と強行規定
4.契約成立及び契約類型に関するその他の問題点
5.印紙及び印鑑

第Ⅱ部 契約書の存在意義
1.契約書の存在意義
2.リスクの発見と検討のポイント
3.契約作成時のその他の留意点

第Ⅲ部 条項別検討-標準的な条項
1.基本契約と個別契約-契約成立と承諾の有無
2.所有権移転時期
3.危険負担
4.保証・瑕疵担保責任(※補:改正民法)
5.期限の利益の喪失
6.解除の要件、効果
7.損害賠償、遅延損害金
8.不可抗力条項
9.債権譲渡禁止特約(※補:改正民法)
10.秘密保持義務
11.輸出管理
12.裁判管轄
13.完全条項
14.その他(持参債務の原則、費用負担)
<参考>-現行民法と改正民法の考え方(危険負担、瑕疵担保責任、損害賠償、解除の関係)

第Ⅳ部 契約類型別ポイントと一部条項の検討
1.売買・移転型契約(取引基本契約、不動産等売買契約)
2.販売店契約、代理店契約
3.ライセンス・知的財産権関連契約(ライセンス契約、共同開発契約)
4.業務委託契約、ソフトウェア開発委託契約




-英文・和文契約書の専門事務所-
寺村総合法務事務所

ホームページ

〇 英文契約のページ  
〇 和文契約のページ  











受付中-「契約書の実務」講座(早稲田大学オープンカレッジ)

ばたばたしているうちに、もう4月中旬。
ゴールデンウィークまで、あと2週間となりました。

そのゴールデンウィーク後の5月15日から、
早稲田大学オープンカレッジ主催にて

 「契約書の実務」(契約実務の基礎と条項別問題点の検討) 講座
  (上記リンクをクリックすると早稲田大学の講座案内に移動)

が始まります。(毎週水曜日計5回、19時15分から20時45分)


現在も、募集中(のよう)ですので、お早めにお申し込みください。

費用は、早稲田大学オープンカレッジ会員は、19,440円(税込み)
     一般(会員外)の方は、 22,356円(税込み)
だそうです。


内容は、以下の通りです。(多少変更の場合あり)
 (テキストは、レジメを配布します)

受講は、上記又は下記のリンクをクリックし、早稲田大学の
ウェブサイト
へ移動の上お申し込みをお願いします。

なお、英文契約に関する講座は、本年度(2019年度)も、
10月に開講の予定です。(水曜、計6回、19時15分~)
  (10/9, 10/16, 10/23, 10/30, 11/6, 11/13)


どうぞよろしくお願い申し上げます。

        「契約書の実務」
(契約実務の基礎と条項別問題点の検討)

 (クリックすると早稲田大学のウェブサイトに移動します)

第Ⅰ部 契約とその法律上の位置づけ
1.契約の成立(主として意思表示について)
2.契約の類型
3.法律条項の性質~任意規定と強行規定
4.契約成立及び契約類型に関するその他の問題点
5.印紙及び印鑑

第Ⅱ部 契約書の存在意義
1.契約書の存在意義
2.リスクの発見と検討のポイント
3.契約作成時のその他の留意点

第Ⅲ部 条項別検討-標準的な条項
1.基本契約と個別契約-契約成立と承諾の有無
2.所有権移転時期
3.危険負担
4.保証・瑕疵担保責任(※補:改正民法)
5.期限の利益の喪失
6.解除の要件、効果
7.損害賠償、遅延損害金
8.不可抗力条項
9.債権譲渡禁止特約(※補:改正民法)
10.秘密保持義務
11.輸出管理
12.裁判管轄
13.完全条項
14.その他(持参債務の原則、費用負担)
<参考>-現行民法と改正民法の考え方(危険負担、瑕疵担保責任、損害賠償、解除の関係)

第Ⅳ部 契約類型別ポイントと一部条項の検討
1.売買・移転型契約(取引基本契約、不動産等売買契約)
2.販売店契約、代理店契約
3.ライセンス・知的財産権関連契約(ライセンス契約、共同開発契約)
4.業務委託契約、ソフトウェア開発委託契約




-英文・和文契約書の専門事務所-
寺村総合法務事務所

ホームページ

〇 英文契約のページ  
〇 和文契約のページ  











3月12日受付開始~「契約書の実務」講座(早稲田大学オープンカレッジ)

今朝にかけて、東京は結構激しい雨が降りましたが、
今は青空が広がっているようです。
明日から高めの気温が続くらしく、桜も早々に咲いてしまう
のではないかと思います。

さて、明日、3月12日(火)の9:30から、
早稲田大学オープンカレッジの春季講座の
一般受付が始まります。

       「契約書の実務」
(契約実務の基礎と条項別問題点の検討)

の講座は、5月15日(水)から毎週水曜日に開催されます。
(全5回~05/15, 05/22, 05/29, 06/05, 06/12
 各回 19:15から20:45

昨年度の講座は、春学期及び冬学期の2回とも、
木曜夜19時からでしたが、今学期は、
各回とも、水曜日、19時15分開始となっています。

内容は、以下の通りです。(多少変更の場合あり)
  (テキストは、レジメを配布します)

受講は、早稲田大学のウェブサイトにてお申し込みをお願いします。

なお、英文契約に関する講座は、本年度(2019年度)も、
10月開講を予定しています。(水曜19時又は19時15分~)
  (10/9, 10/16, 10/23, 10/30, 11/6, 11/13)



       「契約書の実務」
(契約実務の基礎と条項別問題点の検討)

第Ⅰ部 契約とその法律上の位置づけ
1.契約の成立(主として意思表示について)
2.契約の類型
3.法律条項の性質~任意規定と強行規定
4.契約成立及び契約類型に関するその他の問題点
5.印紙及び印鑑

第Ⅱ部 契約書の存在意義
1.契約書の存在意義
2.リスクの発見と検討のポイント
3.契約作成時のその他の留意点

第Ⅲ部 条項別検討-標準的な条項
1.基本契約と個別契約-契約成立と承諾の有無
2.所有権移転時期
3.危険負担
4.保証・瑕疵担保責任(※補:改正民法)
5.期限の利益の喪失
6.解除の要件、効果
7.損害賠償、遅延損害金
8.不可抗力条項
9.債権譲渡禁止特約(※補:改正民法)
10.秘密保持義務
11.輸出管理
12.裁判管轄
13.完全条項
14.その他(持参債務の原則、費用負担)
<参考>-現行民法と改正民法の考え方(危険負担、瑕疵担保責任、損害賠償、解除の関係)

第Ⅳ部 契約類型別ポイントと一部条項の検討
1.売買・移転型契約(取引基本契約、不動産等売買契約)
2.販売店契約、代理店契約
3.ライセンス・知的財産権関連契約(ライセンス契約、共同開発契約)
4.業務委託契約、ソフトウェア開発委託契約




-英文・和文契約書の専門事務所-
寺村総合法務事務所

ホームページ

〇 英文契約のページ  
〇 和文契約のページ  






早稲田「契約書の実務」5月開講/案内が掲示されました

先日ご連絡いたしましたが、早稲田大学オープンカレッジ主催の
 「契約書の実務~契約実務の基礎と条項別問題点の検討
について同大学のウェブサイトにご案内が掲載されましたので、
お知らせいたします。

  「契約書の実務-5月15日開講」
  (このリンクをクリックすると、同大学のご案内ページに移動します)

ちなみに、受付期間は次の通りです。
(大学(オープンカレッジ)へ直接お申し込み下さい)

 ・会員先行予約(ウェブ上):2019年2月13日(水)9:30 ~ 2019年2月25日(月)
           (はがき): 同上 ~ 2019年2月21日(木)消印有効

 ・一般受付:2019年3月12日(火)から


講義内容は、多少の変更や順番の前後はあると思いますが、
概ね、以下の通りです。
  (本年1月~2月に実施したものとほぼ同じです)
  (英文ではなく和文契約の講座です)
  (英文契約実務につきましては、秋に開催予定です)

 「契約書の実務(契約実務の基礎と条項別問題点の検討)」
 開催期間: 5/15~6/12(水) (計5回、各回とも水曜日の19時15分~ 20時45分)
 開催場所:早稲田大学中野エクステンションセンター1階

第Ⅰ部 契約とその法律上の位置づけ
1.契約の成立(主として意思表示について)
2.契約の類型
3.法律条項の性質~任意規定と強行規定
4.契約成立及び契約類型に関するその他の問題点
5.印紙及び印鑑

第Ⅱ部 契約書の存在意義
1.契約書の存在意義
2.リスクの発見と検討のポイント
3.契約作成時のその他の留意点

第Ⅲ部 条項別検討-標準的な条項
1.基本契約と個別契約-契約成立と承諾の有無
2.所有権移転時期
3.危険負担
4.保証・瑕疵担保責任(※補:改正民法)
5.期限の利益の喪失
6.解除の要件、効果
7.損害賠償、遅延損害金
8.不可抗力条項
9.債権譲渡禁止特約(※補:改正民法)
10.秘密保持義務
11.輸出管理
12.裁判管轄
13.完全条項
14.その他(持参債務の原則、費用負担)
<参考>-現行民法と改正民法の考え方(危険負担、瑕疵担保責任、損害賠償、解除の関係)

第Ⅳ部 契約類型別ポイントと一部条項の検討
1.売買・移転型契約(取引基本契約、不動産等売買契約)
2.販売店契約、代理店契約
3.ライセンス・知的財産権関連契約(ライセンス契約、共同開発契約)
4.業務委託契約、ソフトウェア開発委託契約






  
1冊でおさえる        はじめての英文契約の読み方  
   英文・和文 契約実務      通常書籍版     アマゾン・キンドル版 
 


-英文・和文契約書の専門事務所-
寺村総合法務事務所

ホームページ


〇 英文契約のページ  
〇 和文契約のページ