Sapiens(サピエンス全史)の一節

最近かなり評判になっている
 "SAPIENS - A Brief History od Humankind" by Yuval Noah Harari
(邦訳版表題「サピエンス全史」)
を読んでいます。
人類が狩猟時代以降、各地にその住処を広め、農業革命に至るあたりを読んでいます。
その中の一節で非常に面白い記述がありました。
(以下引用、London Vintage Books、ペーパーバック版の90頁から)

The avarage farmer worked harder than the avarage forager,
and got a worse died in return.
The Agricultura Revolution was history's biggest fraud.
Who was resonsible? ...
The culprits were a handful of plant species,
including wheat, rice and potatoes.
These plants domesticated HOMO SAPIENS, rather than vice versa.

(要旨:
狩猟時代よりも農業革命後の人類jの方が厳しい労働を
強いられたにも拘わらず、
その栄養状態はかえって悪くなった。
誰の責任なのか?
それは、穀物自体が、人類を飼いならしたためである。
決してその反対、つまり人類が穀物を飼いならしたのではない。)

なるほど、と思いました。著者曰く、
「狩猟採集時代の人類が貧しいとか、生活が苦しかったというのは、
現代人の思い込みに過ぎない。
人口増に対応するために農業という道を仕方なく選択せざるをえ
なかった人類は、それゆえに、定住して小麦や米の守り人となり
穀類という単一の栄養素のみの悪い栄養状態を甘受し、より厳しい
労働を強いられたことにより、肉体は悲鳴を上げた。」

私自身、現代は決して豊かな時代だとは思いません。むしろ、先の
見えない不安に、人類はおびえて生きている時代だと思います。
そして、常に繁殖し増大していかなければならない生物の本質から
考えて、80億人になろうとしている人類がより困難な道に入り込む
のは、やはり「必定」ということなのでしょうか。

各国が保護主義に走るのも、また米中ソが各地で一触即発の状態に
なったり領地確保にやっきになるのも、必然なのかもしれません。
いまより貧しくなるのは仕方ない。
限られた人類共通の財産を少数の者が独占している状態から、
皆でその貧しさを少しでも緩和できるような社会を築くか、
あるいは、
どこかのハビタブルな惑星に集団で移住するか...。
あるいは
森永卓郎氏のように
「給料半減が現実化する社会で「豊かな」ライフスタイルを確立する」
ことを希求するのか...。

この「サピエンス全史」という本は、あと350頁もあります。
さらに、「ホモデウス」という続巻もあります。
さらに読み進めようと思います。

ちなみに、この本の著者はイスラエル人で、原文もイスラエル語だと思います。
それを、著者が他の英米人と協力して英語版に翻訳したものが、
私の読んでいるLondon Vintage Booksの英文のようです。
英単語は、例えば私のよく読む Dan Brown の小説などよりは少しだけ難しい単語も
使われており、勉強になります。
少し、老眼にはきついフォントなのが、玉にきず、ですね。



-英文・和文契約書の専門事務所-
寺村総合法務事務所


ホームページ


〇 英文契約のページ  
〇 和文契約のページ  





メールアドレスの変更~ドメインネームって何?

***4月10日追記:一日たっても表示されない状態が続いています。
    現在確認作業を行っております。


昨日、メールアドレスを、ウェブサイトと同じドメインのものにしようと、
奮闘していました。

私のウェブサイト(https://www.eibun-keiyaku.net)は、
お名前ドットコム」さんでドメインを取得し、
GMOさんの「ロリポップ」さんでサーバーを借りています。
費用が安いので、重宝しています。

しかし、メールアドレスは、昔から借りているDTIさんのウェブサイトに
紐付いたもので、ドメインは、@beach.dti.ne.jpと、DTIさんのドメイン名
が含まれたものです。

それで、上記サイトと同じ「eibun-keiyaku.net」をドメインとするメールに変えようと
したわけです。

すると、大変なことになりました。

お名前ドットコムさんのサイトで、メール転送サービスというのがあり、
無料で、上記のeibun-keiyaku.netをドメインとしたメールアドレスを
頂けるというので、さっそくウェブ上で手続きしました。

ところが、その中で、ドメインネームサーバーというものが変わって
しまった(らいし)のです。

それで、ウェブ検索サイトのグーグルやヤフーで検索すると、サイトを
クリックしても、
 「つながりません」「ネット接続やDNSサーバをチェックしてください」
と表示される場合があるのです!

 しまった!  と思いましたが、もう手遅れ。

上記のメール設定時に、あまり注意もせずに、ネームサーバーを変えてしまったため、
元に戻しようもなく....。

ネットで調べてみると、グーグルなどは、
2~3時間から72時間の間には、新しいものを認識してくれる
と説明しているウェブサイトもあるので、それを信じようと思います。
(信じるしかありません)




-英文・和文契約書の専門事務所-
寺村総合法務事務所


ホームページ


(調整中です)  〇 英文契約のページ  
(こちらをどうぞ) 〇 和文契約のページ  



ホームページのモバイル対応

私の事務所では、ウェブサイトを自分で作って公開しています。

英文契約のサイト和文契約のサイト総合サイトの3つです。
 事務所の宣伝は、これらのウェブサイトだけに頼っています)

最近、グーグルは、ウェブサイトの検索順位を、モバイル用のサイトの
内容で決定
している
ということを伺いました。

以前必死になってウェブサイトを作成ましたので、少し躊躇しましたが、ネットで
調べたり、ホームページビルダーを販売しているジャストシステムさんの 
「Just MyShopお問い合わせ窓口」にメールで問い合わせをして、何とか
対応できそうでした。

私のサイトは、ホームページビルダー15の「フルCSSテンプレート」というものを
ベースに作ったものです。

この場合、ビルダー21でそのままモバイル対応した
レスポンシブルWebデザイン
に変換が可能だということでした。

そのため、私の3つのサイトのうち、英文契約サイトと総合サイトは、
表の部分をスマホでもきちんと見れるようにするなどの調整は必要
でしたが、割と簡単に変換が出来ました。

ただ、和文契約サイトは、元々フルCSSテンプレートだったのですが、
ソースコード(HTML)をいじったり移動させたりしたせいか、
CSSテンプレートとは認識されませんでした。

仕方なく、この和文サイトだけ新たに構築し、従来の内容をコピペして
対応しました。

でも、コピペしても、ファイルの構造が違っているので修正が必要だったり、
旧サイトの表記では間違いと認識されたり、画像ファイルがうまく移動でき
なかったり......で、とても大変でした。

何とか3日掛けて、3つのサイトすべてにリンクの誤りや、ソースの誤記
がなくなったようですので、本日、ネットにアップしました。

もしよければ、

   英文契約のサイト和文契約のサイト総合サイト

をご覧いただければと思います。


-英文・和文契約書の専門事務所-
寺村総合法務事務所


ホームページ


〇 英文契約のページ  
〇 和文契約のページ  







インフルエンザ大流行

成人式も終わり、今年の仕事も本格的に始まりそうな時期です。

なので、 インフルエンザ にはご注意ください。

かく言う私は、先週11日夜から14日まで、十数年ぶりにインフルエンザにかかり倒れておりました。

また、東京都は、本日「流行警報」を発表したようです。
例年より、1週間早いそうです。
インフルエンザの型は、A型が72%で、私も同じでした。

ただ、医者が言っていたのですが、今回のインフルは、熱が下がった後、発症から3~4日目位に
咳が出始め、のどが非常に痛くなることが多い
らしいとのことです。

私も、今、喉がつらくて苦しい状態です。
来週木曜から、早稲田の講義が始まりますので、何とかそれまでには
声を張り上げられるように、治ってほしいものです




英文・和文契約書の専門事務所
寺村総合法務事務所


ホームページ


〇 英文契約のページ  
〇 和文契約のページ  







憲法記念日

今日は憲法記念日です。
北朝鮮が平和国家に向けて舵を切るのかどうか慎重に見極めていくことが必要でしょうが、戦争にならずに平和な世界が実現されることを心から祈りたいと思います。

ところで、4月18日に、拙著が発売になっていますので、改めてご連絡いたします。

  1冊でおさえる 英文・和文 契約実務の基本
       (アマゾンサイトへ移動)

また、早稲田大学オープンカレッジで、5月17日から開催される
   「契約書の実務」講座
の申込締め切りも近づいています。
(上記をクリックすると早稲田大学の講座概要及び申込みページへ移動します)

どうぞよろしくお願い申し上げます。


 -寺村総合法務事務所のホームページ-

〇 英文契約のページ  
〇 和文契約のページ  
〇 総合案内のページ