寺村総合法務事務所
英文契約/和文契約の作成・翻訳者のぼやき
プロフィール

  寺村 淳

Author:  寺村 淳
契約書(英文・和文)の作成
や翻訳をやっております。

英文契約書の作成や翻訳の仕
事に関して考えたこと、悩ん
だこと、セミナーのお知らせ、
その他のぼやきなどを書こう
と思います。

寺村淳/寺村総合法務事務所


早稲田大学オープンカレッジ主催
英文契約の実務-基本読解編-

次回は 2020年 5/13, 5/20, 5/27, 6/3, 6/10, 6/17, 6/24、19時から


1冊でおさえる
英文・和文契約実務の基本


はじめての
英文契約書の読み方


英文・和文契約書の専門事務所
寺村総合法務事務所
ホームページ


〇 英文契約のページ  
〇 和文契約のページ  


ブログ村

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログ村ランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新コメント

最新トラックバック

初心者でもわかる!LawLゆいの英文契約書入門」(第一法規刊)
中央総合法律事務所の安保智勇先生がお書きになられた
   「初心者でもわかる!LawLゆいの英文契約書入門」(第一法規刊)
を読ませていただきました。
51UeQTcl56L__SL500_AA300_.jpg


帯には、「新人法務部員ゆいと学ぶ、英文契約の常識」とかかれ、
表紙は、女性の会社員のマンガ。

まったく英文契約らしくない装丁の新書です。

が、中身は、素晴らしいの一言です。

何が素晴らしいかというと、

1)主要な条項の持つ意味、背景にある考え方を、法務部長と「ゆい」の軽妙な
トークという形をとりつつ、実に上手に解説されておられますが、単に条項の解
説にとどまらず、米国UCC等の根拠を示しておられ、説得力に富むこと、

さらに、

2)単なる条項解説にとどまらず、すべての条文で、修正の考え方が示されてい
ること、です。

修正の考え方を示す過程で条項の意味を解説することにより、いっそう条項の
意義を理解できるということもありますが、加えて、その多くは、英文契約の修
正の現場で実際に使える考え方や方法だ、ということが、この本の意義を高め
ていると思われます。

なお、安保先生は、完璧な和文英訳を作成する)ためには、1)法制度に対す
る理解、2)IT等の業界専門用語、そして3)語彙力(語彙に関するセンス)が揃
うことが必要、と言っておられます(p141)。

小職のセミナーでも、「法制度」「契約技術」「業務の内容」「英語」の4つの交点
が英文契約だと説明していますが、この本は、さりげない会話の中で、これらを
上手に織り込んでいるように思われました。

ただ、契約の修正案を「ゆい」がすらすらと英語化するなど、上記のような修正
対応の内容も多く、法的な考え方と英語力の双方から見て、「入門」という割に
は、かなり高度なものだと思われます。
従って、これまで英文契約に携わってきたベテランにとっても非常に有益な本
だと思いますが、逆に、日本語の契約にもあまり馴染みのない方にとっては、
少し難しいかもしれません。


 -寺村総合法務事務所のホームページ-

〇 英文契約のページ  
〇 和文契約のページ  
〇 総合案内のページ  


関連記事

テーマ:☆経営のヒント☆ - ジャンル:ビジネス

和文契約実務講座-早稲田大学オープンカレッジ~10月

台風一過、急に暑くなりました。
どうせ暑いならじめじめした梅雨も明けてほしいものですが、
梅雨明けは少し先のようです。

夏がまだやって来ないので、何となく違和感がありますが、

  早稲田大学オープンカレッジ~秋学期の講座申し込み
  (但し、会員の先行予約のみ)

が開始されましたようですので、ご紹介します。

Nakano 20Per


弊所では、秋学期に、契約実務講座(和文契約)を担当させていただく予定です。

  契約書の実務~契約実務の基礎と条項別問題点の検討
   (早稲田大学オープンカレッジの申し込みページに移動します)

これは、先日6月21日(土)に3コマ続きで開催された講座とおなじ内容のものです。

内容は同じですが、毎週水曜日夜19時から20時半、3週連続で計3コマのコースとなっています。

よろしければ、上記ページをご覧ください。



なお、弊所の担当する全コースについては こちら のページをご覧ください。





 -寺村総合法務事務所のホームページ-

〇 英文契約のページ  
〇 和文契約のページ  
〇 総合案内のページ  






関連記事

テーマ:ビジネススキル - ジャンル:ビジネス