契約英語の勉強方法-6

前回は、中央経済社の「英文ビジネス契約書の読み方・書き方・結び方」(野副靖人著)をご紹介しました。

今回は、すばる舎の「英文契約書条項文例集」(千代田有子著)2,940円をご紹介したいと思います。



本書は、以前ご紹介した「英文ビジネス契約書大辞典」や「英文ビジネス契約書の読み方・書き方・結び方」のように条項別の解説と当該条項に関する文例の掲載を中心としたものではなく、どちらかというと、「語彙」や「書き方」という点に焦点を当てた本のように思います。

目次を見てみると、
序章「英文契約について学ぼう」(15頁)
第1章「英文契約書の形式と構成」(26頁)
第2章「項目・条項別表現集」(27頁)
第3章「主要条文対応キーワード集」(142頁)
第4章「契約書サンプル」(販売代理店契約およびゲームソフトライセンス契約の2本)(20頁)
となっています。

条項別の解説とその文例を掲載している部分は、上記目次の第1章と第2章になります。
頁数からも分かる通り、解説部分は非常に簡潔で文例も多くはありません。
第3章が本書の中心部分になりますが、ここでは、「見出し語順」に文例が225例紹介されています。
アルファベット順に並んでいるため、英文の作成という観点からは、あまり使い勝手がよくありません。でも、ここに見出し語として掲載されている230の用語は、どれも理解し記憶しておくことが必須のものばかりですから、これを読んである程度覚えておけば、以降の作業におおきなプラス効果があるものと思われます。

さらに、本書には、巻末に「英和索引」(20頁)と「和英索引」(10頁)が付いています。
これは非常に使いやすいものです。
私は、量もそれほど多くはなく、また索引としては文字も大きいため、これをコピーして暗記用として使用していました。
もちろん、本書中に掲載されているページも書かれています(索引なので当たり前ですが)ので、特に和英索引を用いて条項例を見ることにより、とても利用価値が高まると思います。

掲載されている英文はきちんとしたものです。
条項の網羅性には多少難があるかもしれませんが、用語の使い方などを知りたい時に、とても重宝する本だと思われます。

但し、本書は初版発行が2004年で改訂版が出ていないため、購入するのに少し苦労するかもしれません。
(アマゾンでは、今日現在「通常2~4週間以内に発送」となっているようです)


-つづく-

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する