「海でもなく 山でもなく 投票所へ」 この人権感覚のなさ...

立川市の参議院選挙の投票を呼び掛ける標語に、唖然...

いわく、 
     海でもなく
     山でもなく
     投票所へ

これが、「海や山だけでなく投票も」 などといった
標語であれば、違和感はありません。

でも、市の標語は、
 「海にもいかず、山にもいかないで、投票せよ」
という意味にしか、私には取れません。

国会議員の投票は、国民の権利です。
誰に投票するかは勿論のこと、白票を投じたり、投票しないことを選択するのも
国民一人一人の自由ですよね。
国民の基本的人権の一つである投票「権」であって、
投票の義務ではありません。

勿論、政治的無関心は、社会や国家の破滅を意味しますから、
政治的な関心を持った方が良いとは思います。
しかし、夏休みに山へ行こう、海へ行こうと思っている人に向かって、
  「投票しないでレジャーに行くのは、非国民だ」
という意味の言葉を投げかけるのは、いかがなものでしょうか?

人権を尊重しないような政権党の議員が多数いますが、そのような
人権感覚のなさが、各層の役人にも投影されているのでしょうか?
(立川市役所だけの問題であることを、祈るまでです)






-英文・和文契約書の専門事務所-
寺村総合法務事務所


ホームページ


〇 英文契約のページ  
〇 和文契約のページ