FC2ブログ

「英文契約の実務」(5月開講)の案内が掲載されました

一年で最も寒い時期のはずですが、今日は10度を大きく超える予報です。
花粉の飛散する時期が来ましたが、御存じの通り、マスクがありません。
自動車メーカー各社の生産が一時停止するなど、マスクも含め、あらゆる製品の製造が中国企業との連携なしには立ち行かないことになっているようです。

さて、本年(2020年) 5月から開講される

  英文契約の実務 ― 基本読解編 ―
   英文契約の基本構造とその読み方

の講座案内が、早稲田大学のウェブサイトに掲載されましたので、お知らせいたします。

上記のリンク先は、
  https://www.wuext.waseda.jp/course/detail/49075/
です。

受講申し込みの受付時期は、次の通りです。
  会員の先行受付: 2月13日~2月25日(WebSite上)
  一般の方の受付:  3月12日~

上記リンク先からお申し込みが可能です。


講義日程とその内容は、次の通りです。

  英文契約の実務 ― 基本読解編 ―
   英文契約の基本構造とその読み方

日程:2020年5月13日~ 毎週水曜日、夜19時から20時30分
    (05/13, 05/20, 05/27, 06/03, 06/10, 06/17, 06/24 の計7回)

講義の目標
英文契約の基本的な構造と英文契約に特徴的な条項、表現、用語を理解することにより、それほど難解ではないレベルの英文契約を正しく理解し翻訳できる力を養うことを目標とします。

講義概要
レジメを用い、英文契約の基本構造、英文契約に特徴的な基本的条項、表現および用語を解説するとともに、具体的な条項例を引用し、その意味、解釈や翻訳のポイントの説明を行います。
なお、英文契約条項の検討と並行し国内企業間の和文契約の考え方や問題点についても適宜検討します。
さらに英文契約と国内契約の背景にある英米法や民法などの法的な考え方についても同時に検討します。

第1回 5/13: 概要、英文契約の目的と特殊性 ― 講義全体の概要、契約の目的〜リスクの固定化、英文契約条項の特殊性とその読み方の基本、誤訳を防ぐための考え方
第2回 5/20: 英米法の概念、英文契約用語 ― 英米法特有の概念(コモンローとエクイティ・約因等)、英文契約特有の言い回し(リーガルジャーゴン)
第3回 5/27: 英文契約の全体構造、前文 ― 英文契約の全体構造、前文(リサイタル条項、約因等)、定義条項
第4回 6/ 3: 一般条項の検討1 ― 準拠法、紛争解決(仲裁)、譲渡禁止、権利非放棄、分離解釈、表明・保証、保証の否認、責任の制限等
第5回 6/10: 一般条項の検討2 ― 完全合意、不可抗力、当事者の関係、対価、支払い方法−信用状、振込、秘密保持等
第6回 6/17: 一般条項の検討3、売買・販売店契約条項の検討1 ― 知的財産権、期間、解除、通知、基本契約性、個別契約、インコタームズ、保証・瑕疵担保責任等
第7回 6/24: 売買・販売店契約条項の検討2 ― 所有権・危険の移転、販売店の任命、ミニマムパーチャス(最低購入量)、競合禁止等



  
  1冊でおさえる       はじめての英文契約の読み方  
     英文・和文 契約実務    通常書籍版   アマゾン・キンドル版 
 



-英文・和文契約書の専門事務所-
寺村総合法務事務所


ホームページ


〇 英文契約のページ  
〇 和文契約のページ