ホームページその後

ホームページが和文、英文とも出来上がったとご報告しました。

確かに出来上がり、アップロードを行ってはおります。

でも、1回みると、2~3誤りや不適切なものを見つけます。
それを修正しだすと、他の部分が気になります。
ですから、修正はいつまでたっても終わる気がしません。

でも、システム開発を生業にされている方は、本当に大変だなあと、自分が少しかじっただけで痛感いたしました。

ホームページ作成のような作業は、やっていると、何か竜宮城にきているようで(そんないいもんじゃないけれど)、世間から隔絶された、自分だけの「時」を生きているような気になります。

そして、ふと我に返ったとき、非常に落ち着かない感じ、

「これで今日大丈夫だったのだろうか、何かとてつもない間違いやチョンボを犯してないだろうか?」

と、とてもとても不安になり、何か、トイレを我慢しているかのうような落ち着かサなさがしばらく続きます。

昔のことを少し思い出しました、

その昔製鉄所にいた頃、ちょうど円高不況で、製鉄所は合理化の計画を立てると言うことで上へ下への大騒ぎ。
当時、きちんとした使いやすいパソコンがなく、資料はもっぱら富士通さんのオアシスというワープロ専用機にお世話になっていました。
そして、毎日会議のために、A3資料を10~20枚用意する必要があったのですが、A3資料が迅速に印刷できず、結局早く印刷できるA4を2枚印刷し、それを切って、A3の用紙に貼りつけて、それをコピーして会議資料としていました。
だから、いつも夜中にならないと仕事は終わりません。
朝も製鉄所は早く掃除もしていたので、朝7時半からは仕事になり、帰宅は午前2時か3時。寮住まいだからあまり不自由はないし、風呂にも入れるのですが、とてつもなく疲れた2~3年だったと思います。

今、このホームページの作成やメンテナンスやらを非常な時間を掛けて対応していると、当時の(26年前の新人~3年目当りの)猛烈な時期が思い出されました。

もう年ですから、今日のように労働時間が長いと体が持ちません。今、少し朦朧としています。
明日からは、少しペースダウンしないと、と反省しています。


    にほんブログ村 法務・知財へ  にほんブログ村 英語で仕事



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する