自転車は「車両」

警察庁から、自転車は出来るだけ車道を走るように、という方針が出たそうです。

  → 警察庁広報資料

そこでの基本方針は、次の3点のようです。

1.車道を通行する自転車の安全と歩道を通行する歩行者の安全の双方を確保するため、自転車は「車両」であるということを全ての者に徹底。
2.自転車本来の走行性能の発揮を求める自転車利用者には歩道以外の場所を通行するよう促進。
3.歩道を通行する者には、歩行者優先というルールの遵守を徹底。

もともと、自転車は、道交法上の「車両」の一つです。

道交法2条第8号によると、車両とは
「自動車、原動機付自転車、軽車両及びトロリーバスをいう。」
とされていて、自転車はこの中の「軽車両」に分類されます(同条11号)

そして17条で、
「車両は、歩道又は路側帯と車道の区別のある道路においては、車道を通行しなければならない。」
とされ、例外規定として、63条の4において、自転車は、
「道路標識等により普通自転車が当該歩道を通行することができることとされているとき等には、歩道を通行することができる」
とされています。

そのうえで、歩道を走るときは
「徐行しなければならず、また、普通自転車の進行が歩行者の通行を妨げることとなるときは、一時停止しなければならない」
とされています。

これまでは、自転車と自動車の事故が多かったため自転車が歩道を走れるようにして自転車の安全対策を進めてきた警察庁ですが、自転車と歩行者との事故が増加したことから、一転して、本来の原則に戻り、かつ自転車の安全のために一定の対策を行うというもののようです。


歩道をわがもの顔に走っている自転車を時々目にします。

自転車側が速度を落とさずに、鈴を鳴らして歩行者をどかせて走りぬけようとする非常に危険な走行にも遭遇します。

以前、当方に
「自転車を乗っていたら警官に呼び止められたが、どんな権限があるのか」
という質問を頂いたことがありましたが、自転車が車両であって道交法の規制を受けていることが、世間にあまり理解されていないことに愕然とした覚えがあります。
(自動車免許を取得していれば、教習所で習うはずなのですが...)

これを機に、自転車の運転が歩行者にやさしいものになることを期待したいですね。

また、地球温暖化の危機の中、自転車の使用はもっともっと広まるべきだと思います。

従って、これまで歩道通行を推進してきた行政にも反省をして頂き、単に通達を出して満足せず、自転車の歩道通行の推進理由であった「安全な自転車通行の確保」という目的のため、通達内で言及されている「車道内に自転車通行帯を設ける等の措置」を、抜本的に拡充推進してもらいたいと思います。

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する