寺村総合法務事務所
英文契約/和文契約の作成・翻訳者のぼやき
プロフィール

  寺村 淳

Author:  寺村 淳
契約書(英文・和文)の作成
や翻訳をやっております。

英文契約書の作成や翻訳の仕
事に関して考えたこと、悩ん
だこと、セミナーのお知らせ、
その他のぼやきなどを書こう
と思います。

寺村淳/寺村総合法務事務所


早稲田大学オープンカレッジ主催
英文契約の実務-基本読解編-

次回は 2020年 5/13, 5/20, 5/27, 6/3, 6/10, 6/17, 6/24、19時から


1冊でおさえる
英文・和文契約実務の基本


はじめての
英文契約書の読み方


英文・和文契約書の専門事務所
寺村総合法務事務所
ホームページ


〇 英文契約のページ  
〇 和文契約のページ  


ブログ村

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログ村ランキング

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新コメント

最新トラックバック

「トーテムポール(Totem Pole)と階級社会
今日、始めてみる表現に出くわしました。

(私は、基本的に契約英語を中心に業務を行っていますので、慣用句などについて、あまり得意ではありません)

その英文は、次のようなものです。

 They passed the buck on to the lowest person on the totem pole.
   (訳:彼らは、もっとも立場の低い者に責任を押し付けた)
    (NHKビジネス英語2011年10月号75ページ9番)

「責任を押し付ける」は、「pass the buck on to」ですので、
   “the lowest person on the totem pole”
ってなんだ?ということになります。

これにつき、辞書を調べたところ、totem poleの意味として、いわゆるトーテムポール(アメリカインディアンのつくる像の一種)以外に、
   「階級組織/階級組織(=hierarchy)
という訳が掲載されていました。

そもそも、トーテム(totem)は、民族/氏族/家族の象徴であり、また崇拝の対象物でもあります。

恐らくそこから、totem自体が「階級」「序列」をあらわすようになったのではないかと推測されます

ランダムハウス英和大辞典には、「恐らくもとは、「私の氏族村落民」という後の派生語」という記載がありますので、トーテムまたはトーテムポール自体が、村あるいは村民の全体を象徴していて、それを見た英米人が、トーテムポールという村民全体の一番下に彫ってある顔が、もっとも身分の低い者だろうと推測して、このような言い方が定着したのではないかと思われます。

そこで、さらに確認すべく、子供向けの

   「Dictionary of Idioms」(by Marvin Terban, published by Scholastic Inc.)

を見てみました。

(この本は、英米の教育用の辞書で、日本人になじみのない非常に多くの変わった(でも欧米では良く使う)イディオムを700程取り上げて解説しているもので、もちろん英文ですが、英語自体は簡単なので、誰でも楽しく読めると思います)

その中に、ちゃんとありました。

用例として掲載されているのは、次の文章です。(P141)

 “I may be low man in the totem pole, but someday I plan to be Chief Executive Officer.”

そして解説の中の「Origin」(起源)の欄に、次のような説明がされています。

-----
「あるネイティブアメリカン(インディアンのこと)のグループでは、一つ(一人)の上に別のもの(別の人)を乗せて、シンボルとして、高い木のポールに刻みました。
このシンボルは「トーテム」と言われ、しばしばそれは人間の顔であったり姿であったりします。このトーテムが刻まれたポールはトーテムポールと呼ばれています。
通常、Lowestという言葉は、Leastという意味で、例えば「Lowest pay」とか「Lowest score」というような(否定的な)意味で用いられます。
でも、トーテムポールの一番下にある顔が最も重要性のないものだというわけではありません。
このイディオムを作り出した人は、恐らく、誤って、トーテムポールの一番下にある顔の人物を、最も価値のない、あるいは最下層の人だと誤解してしまったのだと思います。でもこのポピュラーな言い方を使う時、ほとんどの人は、その誤りには気付いていません
-----

なるほど。

確かに、土台になっている人が、必ずしも身分が低いとは限らない。
むしろ、村や社会の土台として支えている人だともいえるわけです。

これを考えていたら、昔、理科か歴史の授業で見た、「地球を支える亀」の図が、なぜか思い出されました。



コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
https://officeteramura.blog.fc2.com/tb.php/74-d6972ed6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)