契約実務セミナー:平成24年10月18日大阪開催

処暑というのに、北から南まで、とても暑い毎日です。

さて、日本経営協会関西本部さんに、年2回ずつ開いてもらっております契約実務に関するセミナーのパンフが掲載されましたので、お知らせいたします。

  (経営協会関西本部のご案内PDFはこちらです

まだ、総務/法務/広報関係全体のパンフレットで、詳細な目次は掲載されていませんが、この申込書を使うと、開催日の一か月前までであれば、早期申し込み割引が使えるようです。
(詳細な目次は、このブログの後半に掲載しています)

セミナーの内容の詳細のパンフは、別途、完成後にご案内しますが、次のような内容となっています(従来のセミナーの内容と基本的には変わりません)。

ご興味がおありでしたら、上記申込書で「A-1」講座を、下記の日本経営協会関西本部さんまでお申し込みください。


主催:社団法人 日本経営協会 関西本部
開催日時:平成24年10月18日(木)
場  所:社団法人日本経営協会関西本部内セミナールーム
 (大阪市西区靱本町1-8-4 大阪科学技術センタービル)
 (電話:06-6443-6962) 

セミナー表題
  「契約の基礎知識と契約条項別問題点、モデル契約の分析」

      目  次

第Ⅰ部 契約と契約書についての基礎知識 
1.契約とは何か ~契約の成立、有効性~
 (1)契約成立要件、契約書の機能
 (2)契約の成立時期、内示、契約プロセス論
2.契約の類型
 (1)民法上の契約類型
   1)役務型
   ★派遣と請負(偽装請負の問題)
   ★派遣と委任
   2)移転型
   3)利用型
   4)その他
 (2)注意すべき契約類型
   1)非典型契約(無名契約)
   2)基本契約と個別契約
3.「契約自由の原則」とその制限
 (1)民法の原則=私的自治の原則(締結自由、内容自由、方式自由)
   ★一般法と特別法について
 (2)契約自由の原則の例外-1~強行法規違反等による無効
 (3)契約自由の原則の例外-2~書面等方式が要求される契約
 (4)契約自由の原則の例外-3~意思の不存在、錯誤、虚偽表示、代理等
   ★販売店契約と代理店契約の違い
4.当事者の問題~相手方の契約締結の能力・権限について
 (1)会社と契約する場合
   ★法人の目的の範囲外の行為
 (2)個人と契約する場合
   ★制限行為能力者
5.印紙及び印鑑
 (1)印紙(収入印紙、登記印紙、収入証紙)
 (2)印鑑(実印、認印、代表者印、角印、契印等)

第2部 契約締結および契約書作成時のリスク管理 
1.契約書の基本事項とリスクの基本的考え方
 (1)契約書の基本事項(5W1H)
 (2)契約上のリスク対策~目的物、業務内容、業務手順への理解
 (3)その他留意点
2.条項別検討-1~法律上の任意規定との関連性を中心として
  ※ 英文契約が長い理由
 (1)承諾時期
 (2)所有権移転時期
 (3)危険負担        
 (4)期限の利益の喪失
 (5)解除の要件、効果  
 (6)損害賠償、遅延損害金 
 (7)債権譲渡禁止特約
 (8)瑕疵担保責任
 (9)完全条項      
 (10)不可抗力条項(補:不安の抗弁権、事情変更の原則)
 (11)裁判管轄      
 (12)登記手続
 (13)その他(履行場所、費用負担等)
3.条項別検討-2~その他留意すべき条項
 (1)単価及び支払い条件  
 (2)単価及び対価の算定  
 (3)検査 検収 
 (4)立ち入り検査 
 (5)製造物責任 
 (6)発明・権利の帰属
  (※補:通常実施権登録制度の廃止~H24年4月1日施行)
 (7)秘密保持義務 
 (8)輸出管理 
 (9)知的財産権紛争

第3部 システム開発契約(例)についての条項別検討

第4部(参考)契約類型別の記載条項 
 1.売買・移転型契約(取引基本契約、不動産等売買契約)
 2.開発委託契約、ソフトウェア開発委託契約
 3.ライセンス・知的財産権契約
 4.販売店契約、代理店契約

*(参考)JEITA(社)電子情報技術産業協会「ソフトウェア開発基本契約」
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する