GDP 年率-3.5%

つい先ほど、7-9月のGDPが年率換算で、
-3.5%になったことが発表されました。

日本経済が減速し、すでに景気の下降局面に入って
いることは周知の事実ですが、ここまで悪いとは、
正直言って驚いています。

そして、今後の日本経済と、事務所の経営のことを思
うと、とても暗くなってしまいます。

弊所の業務は、英文契約書に関する仕事が半分以上を
占めています。
英文契約書というのは、ある意味で、景気の先行指標
のようなものと言えると考えています。
英文契約書の内容の多くは、日本と海外企業との間で、
新たに商品を仕入れて販売代理店として新規に事業を
行っていこうとするものだったり、
ライセンスの許諾を得て、これも新規に事業を行って
いこうとするものが多いわけです。

つまり、新規に事業展開を図っていこうとする際に、
英文契約が多く締結されるのです。

今後の日本経済と、事務所経営を考えると、すこしつら
くなってきます。

でも、負けずに、頑張らないと。

これからの若い世代のためにも。

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する